【表形式】クックパッドの内紛まとめ【分かりやすい】

skeeze / Pixabay

登場人物

昨年から、クックパッドの経営層で何やらゴタゴタが起こっていますが、
ポイントポイントの記事だけ読んでいても、どうにも分かりにくい。
なので、分かりやすい表にまとめてみましたよ。

No. 項目 人物A 人物B 人物C
1 名前 佐野陽光 穐田誉輝 岩田林平
2 ふりがな さの あきみつ あきた よしてる いわた りんぺい
3 顔写真 ググる ググる ググる
4 立ち位置 創業者 雇われ社長 雇われ社長
5 地位(2016/4) 取締役 取締役 社長
6 経営方針 本業回帰 多角経営 未知数
7 従業員ウケ 悪い 良い

ちなみに、参考にしたのは↓の記事です。
経営の混乱続くクックパッド、ついに社員が「社長解任反対」で決起
クックパッド 内紛の末に残された「ある疑問」

分かりにくい理由

このニュース、どうも分かりにくい理由として、各人物の顔写真まで出している記事が少ないのと、
それぞれ名前が微妙に読みにくいからでしょうね。
なので、顔写真をググるリンクと、ふりがなを付けてみましたよ。

ニュースの内容としては、パッと見た感じ、
佐野陽光さんが本業回帰とか言いつつ実は別の目的を持っていて、
それを言わずに強引に事を進めるもんだから、受け手もモヤモヤして腹落ちしないんでしょうね。

今後の予想

クックパッドといえば、Web界隈の優良企業。
営業利益率約40%、平均年収約677万円。
世の中的なネームバリューも上々。
そんな会社ですよ。

それが、経営層がゴタゴタしてきて、あげく労働組合まで設立されちゃって、何なんでしょうね。
スマートなWeb界隈、みたいなイメージに合いませんね。
まあ、にんげんだもの、仕方ないのかもしれません。

今後の予想については、経営層と労働組合の折り合いが付かなければ、
人材流出、サービス低下、業績悪化、会社瓦解の道が想像されます。
しかしこの佐野陽光さん、かなり我が強いようなので、
そもそも労働組合との交渉が成立するのか、微妙なところです。

野次馬根性と言われればそれまでなのですが、この事例の結末はどう迎えるのか、
得られる知見は何なのか、今後の動向から目が離せません。

えっ、日銀がFintechって言ったの!?で、うちのFintechはどないなっとんのや!

mickyroo / Pixabay

ついに日銀の黒田総裁もバズワードを発しました。

日銀、Fintechセンターを設立–黒田総裁「金融以外の企業との連携が必要」

日本銀行は4月1日、決済機構局内で「Fintechセンター」を設立すると発表した。
Fintechの動きが金融サービスの向上や持続的成長に資するものとなるよう、Fintechへの取り組みを強化し、民間銀行などとの情報交換や連携を進めるほか、日銀が主催するFintech関連のイベントを取りまとめ、情報発信する。

Fintechセンターって、名前は立派だけど大したことやらないんだな…。
いやいや、この「情報交換」ってやつが事実上、日銀からのお達しで、それに従わないと…みたいな世界なの?
なにそれこわい!

もうこれで金融業界はFintech、Fintech言い出しますよ。
よく分かってない経営層とかが吠え出したりしたら大変ですね。
その筋の皆さま、お疲れ様です。

まあ、僕もFintechは全然分かってないですけどね。
ググってみた限り、↓が分かりやすかったです。

ここらで世界一わかりやすく「FinTechとは何か」を説明しよう。

たとえば、みずほ銀行が投資信託のオンラインサービスを始めたりアプリをつくったところで、それは「FinTech」ではなく「金融機関のIT活用」である。
現在バズワードとなっている「FinTech」は、逆に「IT企業が金融分野においてサービスを展開」することである。

つまり、昔ながらの金融サービスにITの仕組みをかましたら面白いことできるで、ということですね。
保守派と革新派のせめぎ合いですね。
もどかしいながらも新しいモノが生まれてくる、そんな感じがしますね。
いいんじゃないですかね。

ちなみに僕は、Fintech資産管理サービスの筆頭、マネーフォワードを使っています。
このサービス、銀行口座の残高とかクレジットカードの支払いとかを纏めて一覧化してくれるんですが、
そのために各サービスのIDとパスワードを登録するんですよ。
恐ろしいですよね。
ちょっと考えられないですよね。
漏れちゃったら大変ですからね。
でも便利だからやっちゃう的な、このもぞもぞする感じ、これがFintech。

まあ、黒田たんもFintech言うてますから、ちょっと体験してみても損はないと思いますよ。

ホンハイ・シャープに入社した皆さんに贈る言葉

Hans / Pixabay

鴻海と産業革新機構のシャープ買収劇は、ついに終焉を迎えたわけです。

シャープ買収、2日に契約=鴻海が3888億円出資

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は2日午後、総額3888億円を出資し、シャープを買収する契約を同社と結ぶ。国内電機大手が外資傘下に入るのは初めて。契約締結後、両社が共同運営する液晶工場、堺ディスプレイプロダクト(堺市)で、鴻海の郭台銘董事長(会長)とシャープの高橋興三社長が記者会見する。

なんか当初、ホンハイの出資額は7000億円規模だったような気がするんですが、
正味は約5000億円の4890億円、
そこからテリー・ゴウが偶発債務にいちゃもんを付けて約1000億円減額の総額3888億円、となりました。

もうなんか感覚が麻痺してきますね。
10億円とか端数ですよ端数。
でかい買い物をするときの人間心理ですね。怖い怖い。

さて、そんなシャープにも春はやってくるということで。

シャープ社長、再建に決意=入社式で各トップが訓示

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入ることが決まったシャープは、奈良県天理市で入社式を開いた。高橋興三社長は新入社員118人を前に「『規模のみを追わず』という経営理念を実践できなかったことも、当社が経営危機に陥った原因の一つ」と分析。

新入社員118人。様々な想いがあるでしょう。

シャープの買収劇が本格化してきたのが今年の1月ですから、
内定をもらっていた学生の皆さんは、もう逃げようがなかったのかもしれない。
逃げた学生もいるでしょう。
高橋興三社長も退任の意思表明しているし、再建に決意してもあんた…、という気はします。

しかし、新入社員の皆さんに言いたい。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」

むしろ外資系企業になっちゃったもんで、成果を上げれば上げるだけ評価されるでしょう。
世界を股にかけるビジネスマンにもなれます。
もう以前の、経営層による権力闘争、同族的経営にはおさらば。
まさに新しい気持ちで、仕事に取り組んでいただければと思います。

シャープがホンハイの提案になびいた時、もう世の中はすっかりグローバル社会、
国家主義的なものは死んだんだなと感じました。
何にも怖じることはない、ホンハイ・シャープの一員として、頑張ってください。