【シャープ】「ザウルス」「書院」のサポート期間が長すぎな件

WikiImages / Pixabay

やっとこさ縁談がまとまりそうな、シャープさんとホンハイさん。
鴻海・シャープ買収「破談」回避へ〝隠れ借金〟軽微、7日までに査定終了

台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業がシャープの買収契約を保留している問題をめぐり、両社が今月9日にも調印する方向で最終調整に入ったことが3日、明らかになった。鴻海がシャープの財務内容を精査したところ、保留の原因となった潜在的な債務(偶発債務)が想定よりも少ないことが判明したため。両社は買収合意の破談を回避する。

もう偶発債務が今年の流行語になりそうな勢いでしたが、大丈夫そうですね。

さてそんなシャープさんですが、昨日、こんなニュースがありました。
さらば「ザウルス」 シャープ、顧客サポート終了へ 部品も枯渇状態

シャープは3日、日本の携帯情報端末の草分け的な存在だった「ザウルス」の顧客向けサポートを今月末で終えることを明らかにした。ザウルスは平成5年に発売され、8年前に生産を終了。

あと、2014年にはこんなニュースが。
「書院」のシャープ、ワープロのサポートをついに終了 「まだ続いていたのか」Twitterでは思い出話

シャープは1月31日、ワープロ専用機のサポートを終了した。「書院」シリーズで知られる同社ワープロ機最後の機種の製造終了から10年と数カ月。シャープの公式Twitterアカウントが「長年にわたりワープロをお引き立ていただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました」と告知すると、「まだあったのか」という驚きの声やワープロの思い出がツイートされていた。

ああこうやって、名品が一つ一つ終わっていくんだなぁ…。と感慨にふけりそうになりましたが、
いやでもちょっと待って、今ごろザウルスとか書院とか、「?」と感じました。

つまり、世の中、スマホやパソコンで溢れかえっているのに、まだサポートしてたのか、
サポートにコストを掛ける期間が長すぎやしませんか、ということです。
こういうところに、経営の遅さや無駄なコストが見え隠れしているなと。

減価償却的な話ですけども、今どきパソコンの耐用年数は4年ですよ。
それと合わせるべきとは言いませんが、やっぱりちょっと、違和感のあるお話なのでした。

名品で振り返るシャープの歴史【ホンハイ記念日】

MonicaVolpin / Pixabay

いやー、ついにシャープはホンハイ傘下になっちゃいましたね。

シャープ、鴻海傘下の再建を正式発表。有機EL2,000億投資、ブランド・雇用維持

経営再建に取り組んできたシャープは25日、台湾の鴻海精密工業傘下での再建を決定した。シャープは第三者割当による新株式(普通株式及びC種類株式)の発行を行ない、鴻海による出資規模は総額4,890億円となる。

産業革新機構の提案を受け入れると思いきや、受け入れたのは鴻海案、
まあその、背に腹は変えられない的な、今はお金が一番大事だよ的な結論となりました。
仕方ないですよね。
もう日本には国家主義みたいなものは存在しないようで、実にサバサバしたものです。

さてそのシャープですが、最近は液晶の工場にお金かけすぎて失敗した家電メーカー、
くらいのイメージしかないかもしれませんが、過去、数々の名品を生み出してきています。
その名品たちを、少し振り返ってみましょう。

商品化年 製品名 説明
1915年 シャープペンシル 言わずもがなのアレ
1979年 書院 日本語ワープロ
1982年 X1 パソコンテレビ
1986年 ツインファミコン ファミコン+ディスクシステム一体型
1987年 X68000 ホビー向けパソコン
1993年 ザウルス PDA
1995年 Mebius ノートパソコン
2000年 J-SH04 カメラ付き携帯電話
2000年 プラズマクラスター空気清浄機 アレかもしれないけどヒットした空気清浄機
2001年 AQUOS 液晶テレビ
2002年 MURAMASA 薄いノートパソコン
2004年 ヘルシオ 水で焼くウォーターオーブン
2005年 W-ZERO3 キーボード付きPDAフォン
2010年 GALAPAGOS メディアタブレット

あー、そういえばあれもこれもシャープ製だったよなぁ。
懐かしいなぁ。

なんでこんなことになっちゃったのかなぁ。

あれ、なぜか目から塩水が…。