はい論破(笑)経済産業省の「IT人材不足が深刻化」論

Comfreak / Pixabay

IT人材が不足するぞ〜!

経済産業省が何か言っているから、みんな聞いてみて〜。

IT人材不足が深刻化、2030年には78.9万人不足に 経済産業省調べ – ITmedia ビジネスオンライン

経済産業省は6月10日、国内IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を発表した。IT人材は現時点で17万人超が不足しており、今後人口減少に伴い深刻化すると予測。各国と比較して管理職クラスの割合や理系出身者が少ない傾向があり、年収も500万円前後に集中していることが分かった。

もういきなり突っ込みどころ満載ですが、我慢してもう少し読んでみると。

IT市場が高率で成長した場合、30年にはIT人材数が85.7万人なのに対し、不足数は78.9万人に上ると予測している。

ふむふむ。

米国やアジア各国と比べ、日本は管理職クラスの割合や、理系専攻出身者が少ない傾向がみられた。日本では約47%が一般社員だが、米国では9割近くが管理職。日本の理系出身者は約5割だが、インドでは8割超に上っているという。
また、各国のIT人材の年収比較調査でも、日本は年収500万円前後に回答者が集中している一方、米国では年収1000万円から2000万円の間に回答者が広く分布していることも分かった。

なるほどねぇ。
下らなすぎてヘソで茶が沸きますね。
ちょっと突っ込んでみましょうか。

IT人材が不足?

現代における需要と供給というものは、相当ダイレクトに動いています。
情報化社会ですからね。
需要がある、儲かると分かれば、ハゲタカのように企業が集まってきて価格が均衡し、
儲けられる期間も最初だけ、そんな時代です。

そんな状況においてね、人材が不足しているとか、ヌルい状況はありえない。
人材が不足しているのではなくて、その程度の需要しかない、が正解でしょう。

IT市場が高率で成長?

「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな」

日本のIT人材の年収が低い?

もうそろそろ現実に目を向けた方がいいと思うんですよね。
みんな本当は気づいているでしょう。
年収は、生み出す価値に比例しているって。

日本のIT人材と、米国のIT人材では、対象としている市場が違うでしょう。
日本国内と、英語圏またはグローバルな市場の、規模の差ですよ。
りんごとみかんを比べて、味が違うと言うような、当たり前の議論は止めましょう。

あと、年収の低い他国に言及しないのも、各国の物価を考慮していないのも、意図的。
議論を誘導しているように見えますね。

で、結局、何が言いたいの?

アレでしょ、IT人材が不足するから、その対策のための予算が欲しい、
って言っているだけでしょ、経済産業省が。

はー、こういう浅いレポートにも税金が使われているし、
全然、クリティカルシンキングじゃないし、金と時間の無駄ですよ。

より現実的な未来

IT業界については、クラウドとかのグローバルなサービスの拡大により、
ますます人手がかからなくなり、人手が余って年収は減少傾向。
て感じじゃないですかね。
世界を相手に仕事しないと、ちょっと厳しいッスね。

結論

頭の中でお花畑を描いていてもいいけれど、それは滅びへの道。
現実を見つめて変えていく、そう生きたいものです。

【平均年収1位】スクウェア・エニックス・ホールディングスってどんな会社?

823199 / Pixabay

2015年1月時点で、当サイトの平均年収ランキング1位、
スクウェア・エニックス・ホールディングスって、どんな会社なんでしょうか。

スクウェア・エニックスといえば、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーなど、
日本の超絶ビッグタイトルのゲームを作っている会社です。
これらのゲームは、WiiやPlayStationのコンシューマ機だけでなく、
最近はiPhoneやAndroidのスマホでもリリースが進んでいます。
きっと、売上や利益もすごいことになっているに違いない、だから平均年収も高いのか、
というのが、ごく単純に想像できることです。

ではまず、簡単にこの会社の情報を見てみましょう。(2015年1月時点)

平均年収 13,510,000 円
平均年齢 44.8 歳
社員数 22 人

平均年収は、余裕の1千万円オーバー。
平均年齢は、約45歳で、案外高い模様。
社員数は…、22人??

社員数がすごく少ないです。
22人の神レベルのスーパープログラマが、ドラクエやFFをガリガリ作成しているのでしょうか?

そんなことはありません。
そりゃそうですよね。
冗談ですよ冗談。

社名に「ホールディングス」とあるように、スクウェア・エニックス・ホールディングスは、
純粋持株会社です。

B.純粋持株会社
グループ経営と事業運営を完全に切り離し、持株会社がグループ経営に専門特化するもの。
持株会社は事業を持たないため、特定事業の利益に囚われずグループ全体を客観的・公平に見ることができる。
出典:グループ経営と持株会社|バックナンバーリスト|経営のトピックス|日本経営システム株式会社

純粋持株会社は事業を行わず経営に集中し、グループ会社が事業を行うわけですね。

つまり、スクウェア・エニックス・ホールディングスの22人は、経営層の集団なんですね。
この会社自体に就職、転職しようというのは、並大抵のことではできないわけです。
平均年収が高いのも経営層ならでは。さもありなん。
ぐぬぬ…。

ちなみに、スクウェア・エニックス・ホールディングスのグループ会社(国内)は以下です。

各社サイトを見てみてください。
あー、これこれゲーム会社ってこんな感じ、というイメージが浮かびますよね。
ちなみに、ドラクエやFFをガリガリ作成しているのはスクウェア・エニックスです。
ホールディングスじゃない方なんですね。
ゲームを作りたい、ゲームに関わる事業に携わりたいという方は、グループ会社の方を目指せば良いわけです。

いかがでしょうか。
こんな感じで、企業をちょこっと調べてみるのも興味深いですね。


なんの脈絡もないですが、スクウェア・エニックスが出版している本で今一番売れているのはこちら。

年収についてたまには真面目に考えてみる

vanmarciano / Pixabay

年収。それはつまり1年間の総収入のこと。

自分の今の年収、新人の頃の年収、これからの年収。
どうなっていくのか、というよりもどうしていくのか。
多忙なITエンジニアはなかなか考える暇がなく、
また、お金にあまり執着のない方も多いのではないでしょうか。

なので、たまには年収について考えてみましょう。仕事の谷間にでも。

年収といえばもちろんアップの方向で?

年収をアップさせる方法は、大きく分けて2つあります。
1つは今の会社で昇進する。もう1つは待遇の良い会社に転職する。
実はどちらも、簡単な話ではありません。
成果はそうそう簡単に上げられるものではないですし、ライバルもいる。
人間関係の運不運、世の中の経済状況、予想外のアクシデントなど…。

なので、自分の強み弱み、周りの状況、これからの世の中、
などをじっくりと熟考した上で、一歩一歩継続的に積み上げていく、
自分の納得のいくタイミングで判断する、
そういう姿勢が必要なわけですね。

副業をやってみるのもいいかもね

本業の年収をアップさせるのは難しいかも…と感じたら、
副業を考えてみるのもいいかもしれません。
採り得る手段は、1つよりも2つ、3つとあった方が自由度が高いですし、
本業の行き詰まりの息抜きにもなるかもしれません。

ただ、副業禁止規定のある会社も多いです。
副業の収入がそれなりになってきたら、確定申告にも注意が必要です。
副業するなら、本業に影響のないように注意しましょう。
もしくは、副業を本業にしちゃいましょう。思い切って。

逆に考えるんだ、「節約もいいさ」と考えるんだ

利益=売上−コスト
という当たり前の計算式からすると、年収アップだけではなく、
コストダウンを考えてもいいわけです。
年収が高額でも浪費癖があったりすると、何かの拍子に急に立ち行かなくなる、
なんてことがあるわけですね。
自分にとっての豊かさって何?という問いかけを原点に、
不要なコストを削っていく、これも大切な話です。

まとめ

いかがでしたか?
ちょっと地味〜な話になってしまいましたが、地に足をつけることも大切なこと。
じっくりしっかり、行きましょう。