【表形式】クックパッドの内紛まとめ【分かりやすい】

skeeze / Pixabay

登場人物

昨年から、クックパッドの経営層で何やらゴタゴタが起こっていますが、
ポイントポイントの記事だけ読んでいても、どうにも分かりにくい。
なので、分かりやすい表にまとめてみましたよ。

No. 項目 人物A 人物B 人物C
1 名前 佐野陽光 穐田誉輝 岩田林平
2 ふりがな さの あきみつ あきた よしてる いわた りんぺい
3 顔写真 ググる ググる ググる
4 立ち位置 創業者 雇われ社長 雇われ社長
5 地位(2016/4) 取締役 取締役 社長
6 経営方針 本業回帰 多角経営 未知数
7 従業員ウケ 悪い 良い

ちなみに、参考にしたのは↓の記事です。
経営の混乱続くクックパッド、ついに社員が「社長解任反対」で決起
クックパッド 内紛の末に残された「ある疑問」

分かりにくい理由

このニュース、どうも分かりにくい理由として、各人物の顔写真まで出している記事が少ないのと、
それぞれ名前が微妙に読みにくいからでしょうね。
なので、顔写真をググるリンクと、ふりがなを付けてみましたよ。

ニュースの内容としては、パッと見た感じ、
佐野陽光さんが本業回帰とか言いつつ実は別の目的を持っていて、
それを言わずに強引に事を進めるもんだから、受け手もモヤモヤして腹落ちしないんでしょうね。

今後の予想

クックパッドといえば、Web界隈の優良企業。
営業利益率約40%、平均年収約677万円。
世の中的なネームバリューも上々。
そんな会社ですよ。

それが、経営層がゴタゴタしてきて、あげく労働組合まで設立されちゃって、何なんでしょうね。
スマートなWeb界隈、みたいなイメージに合いませんね。
まあ、にんげんだもの、仕方ないのかもしれません。

今後の予想については、経営層と労働組合の折り合いが付かなければ、
人材流出、サービス低下、業績悪化、会社瓦解の道が想像されます。
しかしこの佐野陽光さん、かなり我が強いようなので、
そもそも労働組合との交渉が成立するのか、微妙なところです。

野次馬根性と言われればそれまでなのですが、この事例の結末はどう迎えるのか、
得られる知見は何なのか、今後の動向から目が離せません。

緊急地震速報を活かしたい貴社のための関連事業者一覧

WikiImages / Pixabay

2016/4/14から熊本県を中心とした大地震が発生しています。
まだまだ地震が続くかもしれないとのことで、全く気が抜けません。

さて、地震といえば、大地震の到来の直前に携帯やテレビから嫌な音が鳴る、
あの緊急地震速報、あれはかなり役立っています。

まず、あの嫌な音を聞いておきましょう。
携帯版とテレビ版です。

勘弁してほしいですねこの音。
でも、この音のおかげで、かなりの被害が回避できているはず。
ありがたいことです。

ところで、この緊急地震速報、どんな仕組みで動いているかご存知ですか?
気象庁のサイトを見てみましょう。
気象庁|緊急地震速報|緊急地震速報について
うわこのサイトしょぼっ!
中学生の夏休みの自由研究かと思いましたよ。

気を取り直して、緊急地震速報の仕組みのページです。
気象庁|緊急地震速報|緊急地震速報のしくみ

地震が発生すると、震源からは揺れが波となって地面を伝わっていきます(地震波)。地震波にはP波(Primary「最初の」の頭文字)とS波(Secondary「二番目の」の頭文字)があり、P波の方がS波より速く伝わる性質があります。一方、強い揺れによる被害をもたらすのは主に後から伝わってくるS波です。このため、地震波の伝わる速度の差を利用して、先に伝わるP波を検知した段階でS波が伝わってくる前に危険が迫っていることを知らせることが可能になります。

なるほどなるほど。

地震波の伝わる速度は、数km/秒 程度です。一方で、現在、情報を伝えるために使われている有線・無線の電気信号は原理的には光の速度(約30 万km/秒)で伝わるため、非常に短い時間で遠距離まで情報を伝えることができます。この地震波と電気信号が伝わる速度の差を利用すれば、地震が発生した場所の近くの地震計で地震波を検知し、それを電気信号で気象庁に伝え、地震波が伝わってくる前にこれから揺れることを再び電気信号を使って伝えることができます。

まあ「光の速度」は盛ってる感がありますが、いろんな情報処理のタイムラグを含めても、パパッと伝わるわけですね。
これがまともに実稼働しているわけですから、日本なかなか素晴らしいよと思うわけです。
(サイトはしょぼいけど。)

で、こんなに素晴らしい緊急地震速報を、うちの会社の災害対策の一環として取り入れたいとお考えの貴方!
いろんな事業者から、いろんな仕組みが提供されておりまっせ。
緊急地震速報利用者協議会 | 緊急地震速報関連事業者ご紹介

株式会社 パルコミュニケーションズ 株式会社 エイツー 株式会社 つなぐネットコミュニケーションズ
株式会社 J コーポレーション 日本酸素 株式会社 鹿島建設 株式会社
イッツ・コミュニケーションズ 株式会社 アイホン 株式会社 戸田建設 株式会社
東日本電信電話 株式会社 株式会社 シーファイブ スカパーJSAT 株式会社
株式会社 ANET(アネット) 株式会社 チャレンジ 明星電気 株式会社
株式会社 トータル・ライフサービスコミュニティー 株式会社 かなめ技術開発 株式会社 シーオーテック
清水建設 株式会社 NTTコミュニケーションズ 株式会社 情報事務資材 株式会社
応用地震計測 株式会社 株式会社 水越 株式会社 ドリームウェア
富士警備保障 株式会社 有限会社 望月通信サービス 株式会社 ウェザーニューズ
白山工業 株式会社 デジタルなまず『オーク』 (株式会社 旅ネット静岡 内) セコムトラストシステムズ 株式会社
株式会社 アイエヌジー 南海電設 株式会社 テレネット 株式会社
西日本電信電話 株式会社 有限会社 富士通信設備 株式会社 ピィエィシステム
ストラテジー 株式会社 安全・安心サポート 株式会社 富士通エフ・アイ・ピー 株式会社
株式会社 TAOソリューションズ エス・アンド・アイ 株式会社 日本キャステム 株式会社
日本減災対策 株式会社 株式会社 日立ソリューションズ 株式会社 ハレックス
株式会社 アイザック Takusu 株式会社 JFEコムサービス 株式会社
株式会社 ニシハタシステム 有限会社 弘陽 ウェザー・サービス 株式会社
慧通信技術工業 株式会社 株式会社 フランクリン・ジャパン 特定非営利活動法人 リアルタイム地震・防災情報利用協議会
株式会社 センチュリー 名古屋電気学園 愛知工業大学 東洋テック 株式会社
平安企業組合 株式会社 レッツコーポレーション 株式会社 ジュピターテレコム
株式会社 アクト 株式会社 日立アイイーシステム 株式会社 アース・キャスト
株式会社 サテライト 株式会社 シンワテック

大企業も中小企業も別け隔てなく一覧化する気象庁さんカッケー!

しかしサイトがしょぼいよな…。
Web界隈の皆さん、気象庁に提案してみるといいですよ。

クラウドソーシングの定義から考えると、そこにITエンジニアの仕事は存在しない

eak_kkk / Pixabay

平均年収が5,470,000円のクラウドワークスさんの周りが、ザワザワしていますね。
クラウドワークスで「月収20万円以上」わずか111人の衝撃 やはり働き方は「正社員が一番」なのか

クラウドソーシングサービス大手のクラウドワークス社が2月に公開した「2016年9月期 第1四半期決算説明資料」によると、2015年12月末時点のユーザー数は79.5万人。昨年同月末(26.9万人)から1年で約3倍にも増加した。
しかし、昨年10月から12月末までの期間に、平均月収20万円以上を達成したユーザーは111人だけ。割合でいうと全ユーザーの約0.014%と、本当にごく僅かだ。

月収20万円といえば、大学新卒の新入社員の給料くらいですかね。
それが111人って、確かにいかにも少ないですね。

しかも、クラウドワークスさんとかランサーズさんとかで得られる仕事は、
あんまり、その、たちが良くないようで。
クラウドワークスで主婦が搾取されるのを目の当たりにした話

端的にいってクラウドワークスやランサーズなどの「クラウドソーシングサイト」の問題点――それは、超低単価で労働力が搾取されること。これにつきます。
(中略)
そもそもクラウドソーシングのライティング業務の一つの柱となっている「リライト」という作業、これはつまり、「パクリと気づかれない(気づかれたとしても訴えられない)ように改ざんしてパクる」ための作業だということは、受注者の多く(特に主婦!)は知らないでやっているでしょう。

これちょっと、ポイントサイトのことを思い出しましたよ。
「ポイントをゲットしてガッツリお小遣い稼ぎ!」とか言ってるくせにポイントが全然貯まらない、
そのうえ、個人情報は取られまくるっていう。

そもそもクラウドソーシングの定義って何?てところですけども。
クラウドソーシング – Wikipedia

クラウドソーシング(英語: en:crowdsourcing)は、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。クラウドソーシングは群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、特定の人々に作業を委託するアウトソーシングと対比される。

えっ、クラウドソーシングのクラウドって、「cloud」じゃなくて「crowd」なんだ!!
そこが一番驚いたわ。

でもまあ、つまりですね、クラウドソーシングって、一人ひとりは微力だけれども、
100人、1000人、10000人集まったらスゲー勢いでモノが作れちゃうよ、という仕組みなんですね。
なので、月収20万円とか、そもそもそんなのはレアケース、参考値なわけですね。
だから、正社員の方がいいよとか、性質の違うものの比較は意味がないんですね。

次、単価が安すぎる、という話。
まあこれは市場原理が決めてくれる話で、
価値の高い仕事は単価が高く、価値の低い仕事は単価が低い、
それだけかと思います。
不特定多数で経歴不問、となれば、まあそりゃ単価も低いでしょう。

次、著作権侵害するような仕事が多い、という話。
これは、運営会社および発注会社が悪いわけで、クラウドソーシングが悪いわけではないですね。
世の中の注目度が高まってくれば、コンプライアンスだかなんだか言い出して、
そういう悪徳仕事は自然消滅するでしょう。

というわけで、最後に言いたいこと。
クラウドソーシングの定義からして、まともなITエンジニアが仕事を求める場所ではないです。
SIerなりベンダー企業なりユーザー企業なりWeb界隈なり、肌の合う会社に就職しましょう。