退職エントリがNGである、たった一つの理由

LincolnGroup / Pixabay

当ブログも、ついに「たった一つの理由」記事を書くに至りました。
以前から書いてみたかったんですよね、このノリ。

本題

さて本題です。
富士通退職エントリまとめを書いていて、これはなにか違和感がある、
退職エントリってやっぱ何かがNGだよなと考えておりました。
そしてそれが何なのか、ついに分かりました。

端的に言います。
NGである理由。

「本来、当事者間のデリケートな話題である退職・転職の内容を、
相手の了承を得ずに一方的に公開しているから」

分かりますか、このリスク。
分かる人はここで手汗が出てくると思います。
ちょっと補足しましょうか。

補足1:ルール違反

まずですね、大人はこんなことやっちゃいけないんですよ。

退職するにあたり、もちろん従業員側の言い分があるのは分かります。
しかし、会社側の言い分もあって、それらは往々にしてどちらも正しい。

従業員側は、「希望の仕事に就かせてくれない上に、上層部の頭の硬さにはウンザリ」
と感じたとしましょう。

一方で会社側は、「ロクな成果も出せないくせに、言うことだけは一丁前の扱いづらい人材」
と感じたとします。

立場や視点が違うので、全く異なる評価が同時に成立することもあるのです。

なので普通は、「今回はご縁がなかったということで」と結論付けるのが妥当なやり方。
それを片方だけの意見で、インターネット上に公開しちゃイカンでしょう。

転職先だって同様です。

従業員側は「○○がやりたいです」、
会社側は「○○がやりたいと聞いているけど、まずは□□からやってもらおうか」、
みたいな、思惑の微妙な違いがあるかもしれない。

なのに早々に「○○やりま〜す」とインターネット上で公開しちゃう。
本当にその通りだったとしても、ちょっと危なっかしいですよね。

つまり両方とも、相手のある話なのに一方的に他所で話しちゃう、ここがルール違反です。

補足2:ルール違反による信用低下

補足1の続きですが、
「あーこの人はデリケートな話も一方的に喋っちゃうような人なんだー」と思われてしまいます。

誰にか、というと、インターネット上で退職エントリを見た人々、会社、ほぼ全てに、です。

非常に痛々しいですね。

こんな人と機密を共有できるかというと、できないですね。
親切丁寧に接していたつもりなのに「教えてくれたことは無意味」とか公言された日には、
たまったもんじゃないですね。

こんな大きな信用低下を取ってまで退職エントリを書くのが見合うかというと、
とても見合わないです。
ごく普通の人にとってはね。

補足3:双方合意は不可能

当事者間のデリケートな内容であっても、双方合意した上で公表するなら、問題のない話です。
「○○について係争していたけど和解しました」とかね。

しかし、退職エントリは双方合意が不可能です。

理由は単純、退職する会社と、転職する会社の利害が相反するからです。
三者合意の上での退職エントリ?
ありえねー!

つまり、退職エントリと名の付くものは、一方的なルール違反ネタにしかなり得ないわけですね。

補足4:例外

ほとんどのケースでリスクにしかならない退職エントリですが、唯一例外があります。

それは、「出る杭は打たれるとか関係なし、俺は俺の道を行くぜ」系の方々。
リスクをものともしない、覚悟ができているわけですね。

そういう方々は、まあいいんじゃないでしょうか。
止めても言うこと聞かないだろうし。
大成するなり、野垂れ死ぬなりすればいいと思います。

結び

というわけで、退職エントリを冷静に見つめてみました。
決して、ノリで書いちゃいけないものだと、改めて感じました。

「流行ってるし俺もいっちょ書いてやるか」と軽く思っている方に、当記事を一度は見ていただきたい。
その上で判断していただきたいと感じる所存です。

電力自由化が始まったばかりだけど今はガン待ち推奨

sethink / Pixabay

電力自由化スタート

2016年4月1日から電力自由化が始まりました。
皆さん、契約先を既存の電力会社から変えましたか?

電力自由化 1カ月、切り替え件数1.2%だが…

一般家庭や中小商店が電気の購入先を選べる電力小売り全面自由化が1日に始まって1カ月。ガスなどの新規参入事業者(新電力)が割安な料金や多彩なサービスを武器に契約を増やし、大手電力会社からの切り替え件数は22日現在で74万4400件。全国の対象契約件数の1.2%程度にとどまるが、冷房代などが気になる夏を前に新電力への切り替えがさらに伸びる可能性がある。

変えてないですよね〜。
なんか少しばかり安くなるみたいですけど、なんか仕組みがよく分からんし大丈夫?
停電とか起こったりしない?とか思っちゃいますよね〜。

安心してください

そんな貴方にぜひ読んでいただきたい、こちらのページ。

素朴な疑問10 | 電力自由化特集 – Yahoo! JAPAN

みんなにとって初めての経験となる電力自由化だから、大小さまざまな疑問が尽きないのは当たり前です。ここでは素朴な疑問を含む、よくある10の疑問にお答えします。

  1. 電力会社を乗り換えたいけど、申し込みは簡単にできるの?
  2. 乗り換えの申し込みは、どこへするの?
  3. 乗り換えの申し込みには、何が必要ですか?
  4. どこの会社からでも電気を買えるの?
  5. マンションやアパート、賃貸物件でも申し込めるの?
  6. スマートメーターの設置にはお金がかかるの?
  7. 電力が全面自由化される4月1日までに申し込まない場合はどうなるの?
  8. 契約先の電力会社が倒産したらどうなるの?
  9. 発電の仕方にこだわった会社選びはできる?
  10. 電力自由化によって、電気料金は安くなるの?

詳細は割愛しますが、結論を言うと「安心してください、電力自由化大丈夫ですよ!」といったもの。

電力自由化システムが障害なう

そう、たとえ電力自由化システムが障害中で、
中の人(システムエンジニア)のゴールデンウィークが吹っ飛んでいても。

電力自由化システムでまたトラブル、28日正午開始予定の機能に不具合

電力広域的運営推進機関(広域機関)は2016年4月28日、運営する「広域機関システム」の一部機能に不具合が生じたと発表した。不具合が発生したのは、28日正午に運用を開始する予定だったもので、電力各社が電力をやり取りする「連系線」を管理する機能。

えっと、まず「広域機関システム」って何ですかね。

電力広域的運営推進機関の概要・運営状況と 小売全面自由化に向けた検討状況について

広域機関システム
小売全面自由化及びライセンス制の導入に伴い、多様な事業者が参入する中でも、電力系統利用者が、エリアを越えた電力流通を円滑に行うことができるようにするとともに、安定供給を確保する。

なんかヤフーの特集記事ではゆるふわ愛され女子みたいなノリのことしか書いてなかったけども、
これ結構アツいシステムやで。
おっちゃんアドレナリンで手汗出てくるわ。

で、遡ること約1ヶ月前の3月31日に障害が発生しているわけです。

電力自由化システムのトラブルで広域機関が謝罪、「工期が不十分だった」

広域機関システムは、小売事業者や発電事業者が策定した発電や需要などの計画を管理するほか、全国の需給バランスを監視するなどの機能を持つ。2016年4月1日に運用開始したが、前日の3月31日午後10時ごろにJPEXとの通信に不具合が発生したほか、機能の一部が運用開始できていないなどの問題を抱えている。

なるほどなるほど。

広域機関が設立されたのは2015年4月1日。システムの仕様については「前身となる準備組合から検討を進めてきたものの、発注時点までに仕様を詰め切れていなかった。開発を進めながら詳細を決める、走りながら考える、というような状況だった」(内藤理事)とした。

あれちょっと待って、シレッと爆弾発言してるよ。
「走りながら考える」ってなにそれアジャイル開発の失敗事例?

広域機関は一連のシステムトラブルについて「電力の安定供給や、需要家が自由に小売り事業者を選べることなどに影響はない」とする。「ただし、開発遅延などの事態が長引くと影響が発生する」(金本理事)という。

「開発遅延などの事態が長引くと影響が発生する」って、
なんかお役所の偉い人は言うことが素直で良いですね。
いやいや、アカンがな!
待て待て!

結論

というわけで、一般市民の皆さんは、電気の契約変更をちょっと待ったほうがいいですよ。
契約変えても、どうせ大して安くならないんだし、待って損はありません。
電力自由化ゴロの皆さんは、あえて今契約して、何か不備が出たらいちゃもんを付けましょう。