シャープのロボホンの売り方を勝手に考える

Comfreak / Pixabay

ロボホン、発売直前

シャープのロボホンが、5月26日に発売されるとのこと。

ロボット、だけど電話。シャープの「ロボホン」発売日と価格が発表 : ギズモード・ジャパン

発売日は、2016年5月26日で、本体価格は19万8000円(税別)。プランとしては「ココロプラン」(必須・980円/月)+モバイル通信サービス(任意)+保守パック(任意)となっています。

シャープといえば、ホンハイに買収されて以降、リストラとかリストラとかリストラとか、
不穏なニュースしか流れてきませんが、そんな中でロボホン発売?
え、スマホがロボットに?
ちょっと何言ってるか分からない。

みたいな印象を持たれている方も多いと思います。
僕もそう思っていました。

この動画を見るまでは。

なんだろうこの既視感。
どっかでこういうやつ見たことあるよ。

ペット系ロボット玩具

たぶんこれは、ペット系ロボット玩具の類を狙っているんでしょうね。
なのでその類を簡単に纏めてみました。

No. 発売年 製品名 価格 会社
1 1996年 たまごっち 1,980円 バンダイ
2 1999年 ファービー 3,980円 トミー/Tiger Electronics
3 1999年 AIBO 250,000円 ソニー
4 2000年 プーチ 2,980円 セガトイズ
5 2002年 夢ねこ 6,980円 セガトイズ
6 2012年 スマートペット 6,500円前後 バンダイ
7 2016年 ロボホン 198,000円 シャープ

感覚的には、2000年前後でブームが来ているような気がします。
人って、何だかんだ偉そうなこと言って、結構コミュニケーション求めてるんですよね。
そこは素直に認めたいところ。

で、その後はおそらく、
高機能化していく携帯電話やスマホにコミュニケーションの時間を割くようになって、
ペット系ロボット玩具のブームも来ていないのではないかと思います。

2012年のスマートペットは、特に流行った気がしないですけど、
スマホとの融合からして、ロボホンに近い位置づけではないかと思い載せてみました。
あと、ロボ機能とか価格的には、AIBOの位置づけを狙っている気がします。

ロボホンは売れるか?

こんな歴史を踏まえつつ、ロボホンは売れるのか?

いやー、売れないでしょうね。
日本ではね。

まずね、ロボホンのプロモーションムービーをもう一度見てください。
「会社の自席でメール読み上げられたらたまんねぇよ」というのも気になりますが、
それはそれとして、このユーザーたちの雰囲気や背景。

富裕層ですね。
まちがいなく富裕層ですね。
いちいち部屋が広くて、家具もステキで、スペースもたっぷり。
家族構成や安定感もバッチリ。

いや単にそういうムービーを撮っただけなんでしょうけど、
つまりシャープは20万円近い玩具をこういう人たちに売りたいということです。
今の日本でも、富裕層な方々はそれなりにいるんでしょうが、
シャープがじゃんじゃん儲かるくらい売れるかというと疑問です。

あと気になるのはロボホンのホン、つまりスマホ部分。
スマホの普及率もどんどん高くなっている中で、
このスマホ部分が単体スマホと競合するのではないか。
つまりスマホ何台もいらないよ、ということです。

そうすると残ったロボ部分に20万だか払う気になるのか。
微妙な気がします。

ロボホンの売り方

どちらかというと、最初から海外展開を踏まえた機能を持たせておいて、
世界の富裕層にアプローチした方が良かったのではと思います。
国とか文化とかの影響も受けにくそうですし。

ロボホンは、発売時点では日本語しか喋れないし、通信も海外対応していないです。
この辺、ホンハイに買収されたタイミングの面もありますが、惜しいですね。

とりあえずシャープの中の人は、テリー・ゴウにロボホンを持たせて、
あのギラギラした満面の笑みでロボホンを高々と持ち上げる写真を撮って、
プレスリリースするのがいいと思います。
コラ画像でもいいので。