【表形式】クックパッドの内紛まとめ【分かりやすい】

skeeze / Pixabay

登場人物

昨年から、クックパッドの経営層で何やらゴタゴタが起こっていますが、
ポイントポイントの記事だけ読んでいても、どうにも分かりにくい。
なので、分かりやすい表にまとめてみましたよ。

No. 項目 人物A 人物B 人物C
1 名前 佐野陽光 穐田誉輝 岩田林平
2 ふりがな さの あきみつ あきた よしてる いわた りんぺい
3 顔写真 ググる ググる ググる
4 立ち位置 創業者 雇われ社長 雇われ社長
5 地位(2016/4) 取締役 取締役 社長
6 経営方針 本業回帰 多角経営 未知数
7 従業員ウケ 悪い 良い

ちなみに、参考にしたのは↓の記事です。
経営の混乱続くクックパッド、ついに社員が「社長解任反対」で決起
クックパッド 内紛の末に残された「ある疑問」

分かりにくい理由

このニュース、どうも分かりにくい理由として、各人物の顔写真まで出している記事が少ないのと、
それぞれ名前が微妙に読みにくいからでしょうね。
なので、顔写真をググるリンクと、ふりがなを付けてみましたよ。

ニュースの内容としては、パッと見た感じ、
佐野陽光さんが本業回帰とか言いつつ実は別の目的を持っていて、
それを言わずに強引に事を進めるもんだから、受け手もモヤモヤして腹落ちしないんでしょうね。

今後の予想

クックパッドといえば、Web界隈の優良企業。
営業利益率約40%、平均年収約677万円。
世の中的なネームバリューも上々。
そんな会社ですよ。

それが、経営層がゴタゴタしてきて、あげく労働組合まで設立されちゃって、何なんでしょうね。
スマートなWeb界隈、みたいなイメージに合いませんね。
まあ、にんげんだもの、仕方ないのかもしれません。

今後の予想については、経営層と労働組合の折り合いが付かなければ、
人材流出、サービス低下、業績悪化、会社瓦解の道が想像されます。
しかしこの佐野陽光さん、かなり我が強いようなので、
そもそも労働組合との交渉が成立するのか、微妙なところです。

野次馬根性と言われればそれまでなのですが、この事例の結末はどう迎えるのか、
得られる知見は何なのか、今後の動向から目が離せません。

富士通退職エントリまとめ

geralt / Pixabay

退職エントリの是非

退職エントリなんて、なんでわざわざ書くんでしょうね。
あれ、あんまり良いこととは思えないんですよ。

結局、書く内容って、退職する会社に対するネガティブなものか、
転職先の会社に対するポジティブなものになるじゃないですか。
前者は良い印象にならないし、後者だって退職する会社への当てつけと思われたり、
あとは転職後に宣言した通りにならなかったらカッコ悪いですよね。

男は黙って無言実行。これ。
あっ、女も同様ですから!
安心してください!

富士通の場合

で、最近流行りなのが富士通の退職エントリ。

大手電機の一角で、従業員数は単独でも約25,000人、平均年収810万円。
IT業界的にはどう見ても勝ち組企業の富士通さん。
そこをあえて辞めてやるぜ!というこのギャップがウケるんでしょうね。
書き手はウケを求めているんでしょうかね。
何でしょうね、別に書かなくてもいいのにね。

とまあそういう気もするのですが、野次馬的に眺めてみるのはそれはそれで面白いかもと思って、
ざっと並べてみました。

No. 日付 リンク コメント
1 2014/01/20 富士通を退職してGunosyにjoinしました – Ryoの開発日記 ポジティブ系
2 2015/06/09 富士通株式会社を退職しました – 渡る世間はヒモばかり やっちゃった系
3 2015/09/09 富士通株式会社を退職し、フリーランスになりました – ままはっく ポジティブ系
4 2016/04/13 富士通を退職した話 ネガティブ系
5 2016/04/24 富士通を退職して思うこと ネガティブ系

退職エントリ評

一通り読んでみましたよ。
なるほど、思いの丈の吐き出し先がインターネットだった、ということですね。
よく分かります。
分かるけれども、やっぱりちょっと脇が甘い気もします。
手の内はなるべく見せないほうが良いのではないでしょうか。

あと、はてな匿名ダイアリーのような便所の落書き、
もとい御手洗いの自由帳に書き込むネガティブ情報なんて、どう考えても私怨ですね。
よく分かります。
分かるけれども、やっぱり脇が甘いです。
一時の気晴らしで、本人特定リスクを背負うわけですからね。

改めて考える「雇用」とは

退職エントリを書いた皆さんに共通している点は、
「こんな仕事はやりたくない、好きなことで生きていくんだ」という想いです。

ここで改めて考えてみると、「雇用の安定性」と「好きなこと」というのはトレードオフになっていて、
退職エントラーは、前者が嫌だったから辞めた方々なわけです。
もちろん前者を優先して、どんなに仕事が変わろうが富士通に居続けるのも全然アリなわけです。
その辺をフラットに捉えることができれば、ざわざわする必要もないですね。

まあ、25,000人の大半は、多かれ少なかれ「雇用の安定性」を取っているわけで、
それをアンチテーゼとする退職エントリにざわざわするのも致し方ないかもしれませんね。

結論

とはいえ、退職エントリなんてなんだかんだ言って少数派の書き込みです。
これしきで富士通に揺るぎなし。
安心してください!