楽天はどこに向かっているのか

LincolnGroup / Pixabay

先日、楽天は中期経営戦略を発表しました。
楽天、2020年に売上高「1兆7000億円」めざす–2015年通期は増収減益

楽天は2月12日、「Vision 2020」と題した中期経営戦略を発表。「Strong」「Smart」「Speed」を指針として各事業を成長させ、2020年12月期の売上収益は1兆7000億円、Non-GAAPベースの営業利益は3000億円を目指す。

で、こちらがその資料です。
Vision2020 説明資料

楽天って、なんかいろいろやっているけど、結局何やりたいのか、
何を極めたいのかよく分かりませんでしたが、この資料を読むと、ちょっと理解できました。
「楽天経済圏」って言葉が3回も出てきます。つまりこれです。
楽天でモノを買って、楽天で支払って、楽天で旅行して、楽天でモバイルして、楽天で野球を楽しむ。
全部楽天。老若男女楽天。ゆりかごから墓場まで楽天。これ。

なるほど、事業が多岐にわたっているのもそのせいなのね。
ふむふむ。

しかし思うんですが、ゴールイメージと、楽天から受けるイメージが、どうも合わないんですよね。
たとえて言えば『北風と太陽』の寓話のような。
楽天から受けるイメージは、北風ですね。一方的にゴリゴリ来る感じ。
かたや経済圏を標榜するならば、太陽のようなポカポカとした暖かいイメージが必要ではないかと。

なんと言うか、経営者の三木谷社長があんな雰囲気だから、英語公用語化もメルマガ登録トラップも、
悪い方向に取られちゃうんですよね。(まあ後者は元から迷惑か。)
唯一、楽天イーグルスは地域密着型でいい感じと聞きますね。
まあ、こちらも三木谷社長が現場介入してきてゴタゴタしているらしいし…。
結局、三木谷社長が問題なのか。

とはいえ、売上高7140億円の企業のボスですから、凄いことには変わりはない。
ただね〜、ワンマン社長が交代すると、それだけで企業は危機に陥りますからね…。

三木谷社長の性格はもう変わらないでしょうから、交代してからが勝負、と見ました。

ITエンジニアの転職に手厚いサポート! マイナビエージェントを使い倒す

Nappiness / Pixabay

今よりもより良いIT企業に転職したい。ITエンジニアならときどき考えることです。

そして、いざ転職活動をしよう、となったら、活用するのが人材紹介サービスです。
ITエンジニアとIT企業をマッチングしてくれるわけですね。
転職はいろいろと不安があるもの。誰かに助けてもらえれば、勇気も出てきます。

で、今回紹介する人材紹介サービスは、「マイナビエージェント」です。

なぜマイナビエージェントか?

マイナビエージェントの良い所を、3つ挙げてみましょう。

  1. メジャーどころである
  2. IT系の求人が多く、有名企業も多い
  3. IT業界専任のキャリアコンサルタントがいる

1点目、メジャーどころであるということ。
これは、「人材紹介サービス」というキーワードでググれば明らかです。
2015/3現在、Google検索結果が1位です。それ以上語る必要はありません。

2点目、IT系の求人が多く、有名企業が多いということ。
マイナビエージェントのサイトを見ると、IT系の求人が多いことが随所に現れています。
また、紹介先企業もNTTデータ、サイバーエージェント、DeNA、NEC、
フューチャーアーキテクト、楽天、などなど、
IT系の有名企業が名を連ねているのがわかります。

3点目、IT業界専任のキャリアコンサルタントがいるということ。
これは後述しますが、その分野に特化したコンサルタントなので、
いろいろと頼りになるでしょう。

まあ、無難といえば無難かもしれませんが、安心感はありますよね。

公開求人を検索してみよう!

では、どんな求人があるのか?
公開求人を検索してみましょう。
検索結果一覧:IT/インターネット/通信

公開求人が約1000件、非公開求人が約5000件です。
非公開求人は、マイナビエージェントに登録すれば参照できます。
上の検索結果はIT業界のいろんな仕事がごっちゃになっているので、
以下の検索画面で、職種や勤務地、希望年収を指定して検索してみましょう。
公開求人検索

いかがでしょうか?
IT業界の求人って、結構あるものですね。

頼りになるキャリアコンサルタント達

先ほど少し触れましたが、マイナビエージェントには、
IT業界専任のキャリアコンサルタントがいます。
IT・WEBエンジニア専任キャリアコンサルタント

どうでしょう。
担当者の顔が見えるというのは、フレンドリーさや安心感があります。
各担当者の経歴とメッセージを見てみてください。
皆さん、いいこと言ってますよ…。
この方に担当してもらいたい、なんて思ってみたりした方もいるのでは。

転職のノウハウも教えてくれる

マイナビエージェントには、転職のコツについて解説したページがあります。
転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方から、履歴書、職務経歴書の書き方、
面接対策、円満退社まで。
まあ、ごく普通の内容かな〜、と思いきや、職務経歴書の書き方などは、
各業界、各職務ごとにかなり具体的なことが解説されていて、面白いですよ。
職務経歴書の書き方

この辺は、さすが餅は餅屋といったところですね。

IT業界の転職動向

転職する前に、IT業界の転職状況をチェックしてみるのもいいかもしれません。
転職市場レポート – IT業界

自分のやりたい仕事の状況を知るのもいい事ですし、
思い切って、景気のいい仕事を選んでみる、というのもありかもです。

転職相談会に行ってみる

転職を考えるにあたって、何かモヤモヤする…、ということであれば、
転職相談会に行ってみるのが良いでしょう。
転職相談会

やはり、人の話を直接聞いてみること、これが実感を掴む良い方法です。
また、転職相談会の参加者と会話してみて、刺激を受けるのもいいでしょう。
三現主義、ではないですが、迷ったらアクションするのが一番です。

登録は至極簡単

というわけで、長々と紹介してきましたマイナビエージェント。
サイトを眺めるだけなら登録不要ですが、非公開求人の参照や、
転職相談会に参加するためには、登録が必要です。
ま、数分で終わるんですけどね。
無料転職支援サービスへ申込む

無料であれば、ものは試しに、と登録できるので気が楽ですね。

まとめ

いかがでしたか?
マイナビエージェントが、ITエンジニアの転職やキャリアを、
いかに真面目に、真摯に捉えているか、理解できたと思います。
オススメの人材紹介サービスですよ。