水素水なんて早く止めた方がいいって【企業視点】

bella67 / Pixabay

痛い水素水

バカ売れの水素水生成器、「健康効果なし」と国が警告…商品を医師も推奨コメント | ビジネスジャーナル

昨今のヘルスケアブームに乗り、水道水から水素水をつくることのできる機械がバカ売れしている。どのような仕組みか説明すると、機械の中で水道水を電気分解して水素を発生させることで、老化やさまざまな病気の根源とされている活性酸素の一種であるヒドロキシラジカルという物質を抑制する水ができるというものだ。

今話題の水素水ね。
気になったので少しググってみましたけどね。
アレは痛いね。
どう痛いのか、ちょっと書いてみますね。

悪魔の証明

水素水の推進派は、まーいろんな効果を謳っているわけです。
悪い活性酸素を減らしてくれるから?
老化防止?
美肌効果?
云々かんぬん…。

その理由付けとして、権威のある人が効果があると言っていた、
効果がないとは言えない、まだ解明されていない、
今まさに研究中、などなど言っているわけです。
これがすなわち、水素水の反対派への反論でもあるわけです。

これの何が厄介なのかというと、悪魔の証明をせよ、と言っているんですね。
水素水に効果がないことを証明せよ、ってね。

相手はほぼ水ですよ。
ほっといたらどんどん水素が抜けていくとかいう、ほぼ水。
十中八九、ただの水。

水なんて無害で、飲みようにもよるけどだいたい健康的。
生命活動を維持するのに必要ですからね。
水中毒になるくらい飲んで初めて悪ですよ。
もしくは溺れるとかね。

売り手の理論、買い手の理論

推進派は、まあ真面目な人もいるかもしれないけど、
ぶっちゃけ、スゲー利益率でウハウハなワケです。
なんせほぼ水ですから。
別に山奥から汲んでくる必要もないし。
批判に対して防御力の高い「水」を神輿に担いでね。
これは止められないよね。

一方、買う方の心理は、飲むだけで健康とか、
いつもの楽したい理論につけこまれているワケです。
ダイエットしかり、美容しかり、英会話しかり、壺しかり。
飲むだけでOK、聞くだけでOK、買うだけでOK。
努力なくして物事は成せないのに、飲むだけで健康みたいな話に乗せられちゃって。

しかもそのブツが水ですよ。悪くなりようがないですよ。
水中毒になるくらい飲むか、溺れるかしない限り。

そんな、売り手と買い手の堕落メリットの一致により、成り立っているのが水素水。
なんだこりゃですよ。

物売るっていうレベル

もうちょっとね、モノ売って商売するなら、
顧客に対してインプットとアウトプットが明確なモノにしないと、
改善や効率化がやりにくくて、企業が中から腐っていくワケです。

例えば水素水と醤油を比べてください。
醤油の方がハッキリしてるでしょ、効果が。
醤油を大さじ一杯、飲んでみてくださいよ。ヤバイですよ塩辛くて。
対して水素水。どんだけ飲んだら効果出るのって話。

「よく分からないけど、売れるからこんな感じで作って売っとくか」
では、状況が変化した時に一気に総崩れですよ。足腰が弱い。粘りもない。
マイナスイオンしかり、プラズマクラスターイオンしかり、黒船が来たらパアですよ。
なんだこりゃですよ。

もうちょっと言うと、短期で儲けて潰す前提の企業ならまだいいですよ。
いや良くはないんですけど、少なくとも経営者は、ブツの本質を知っている。
ブームに乗って早々に売り抜けるのが吉、と。
長く商売する品ではないと。

しかし、ゴーイングコンサーンな、継続企業はやっちゃダメです。
自社のリソースの使いどころを間違っている。
ひどいもんですよ。
大した効能もないのに、研究施設で研究してるとか、国の認可がどうとか、
売れちゃったら今度は理由付けの為にまたリソース割いたりして。
継続企業は一発屋ではいられないんだから。

そんな堕落ビジネスも、悲しいもので、儲かっちゃうとつい手を出してしまう。
いけませんね。
自戒ですね。
「君、明日から水素水事業部に異動だから」と言われたら、
転職を考えたほうがいいですね。

備考

還元水素水生成器/アルカリイオン整水器/浄水器 | Panasonic
コナミスポーツクラブ|水素水会員

やったぁ!ベースアップ1500円だぁ!(棒)

martaposemuckel / Pixabay

3月も中旬にさしかかり、だんだんと春めいてまいりました。
春といえば、もちろん春闘です。
労働組合です。
労使交渉です。
闘争です。

そんななか、電機大手のベアも固まってまいりました。

電機大手、ベア1500円で調整 昨年回答は下回る

電機大手の春闘交渉は、賃金体系を底上げするベースアップ(ベア)について、月額1500円を軸に最終調整に入った。
(中略)
ベアの水準は、日立製作所パナソニック富士通NEC三菱電機の経営側と、電機連合が統一交渉して決める。

この話、この業界にいない人たちにとってはさっぱり分からないでしょうね。
ちょっと簡単に説明しましょう。

まず労働組合、これは、企業の従業員からなる組織です。
企業の言いなりになっていたら搾取されるから、組織を作って雇用を守っていこうぜ、という団体です。
企業内の組織ではありません。
労働組合は、賃上げ交渉とか、場合によってはストライキとか、やります。
企業にとってしてみれば鬱陶しいでしょうね。
ストライキで仕事止められちゃかなわんですからね。

で、大手企業ともなれば従業員もたくさんいますから、労働組合もそれなりに大きくなります。
んで、さらに企業の労働組合を束ねたものが連合で、電機業界の連合が電機連合なわけです。
スゲーパワーありそう!

そんな労働組合が、定期的に賃上げや労働改善の交渉(闘争)していて、それが春にあるから春闘。
ベースアップというのは、
給料の基本給部分(ベース)と職能給部分の、基本給部分を上げる(アップ)というものです。
つまりこのニュース、電機業界の従業員の基本給が、月額1500円上がりそうですよというものです。

どうですか?
羨ましいと感じるでしょうか、そんな景気のいい話いまどき無ぇよと思うでしょうか。

個人的にはですね、まあ確かに大手企業らしい安定感のある話で羨ましいと思う反面、
素直に受け取っちゃいけないと思うわけです。
ぶっちゃけると、従業員の給料なんて、職能給でどうとでもなります。
毎年ベースアップしてるけどなんか給料増えへんなぁ…、と感じているあなた、
上手いこと騙されています。
企業だって無い袖は振れないわけです。至極当然の話です。

ではなぜ、労働組合があって、連合があって、春闘があって、ベースアップがあるのか?
なんでしょうね。
謎ですね。
ちょっと、闇が深そうですね。

うん、怖くなってきたので、今日はこの辺で…。