一気呵成のSQL Server!

kaboompics / Pixabay

シャープがプラズマクラスターに注力している間に、
Microsoftは、SQL Serverでデータベース業界に攻勢を掛けていました!

米Microsoftが「SQL Server on Linux」発表、2017年中頃提供へ

米Microsoftは3月7日(現地時間)、Linux用のSQL Server「SQL Server on Linux」を提供する計画を発表した。2017年中頃のリリースを目指す。

データベース業界の常識を覆してきましたよ。

SQL Serverの位置づけといえば、Windowsワールドのデータベースであって、
Active Directoryの認証基盤との連携や、.NETアプリケーション開発の容易性などを売りとしています。
でもWindows Serverが無いところには導入できないよね…、という点がネックでした。

その壁を乗り越えてくるMicrosoftさん、なかなか垢抜けてきたと思いますよ!

まあ実際のところ、Linuxワールドで競合となるMySQLやPostgreSQLを相手にどれくらい戦えるのか、
てのは気になるところです。
SQL Serverの便利機能をどこまで盛り込んで来られるかが、鍵だと思いますね。

「Oracle Database」から「SQL Server」へ、マイクロソフトが無料乗り換えプログラム

米マイクロソフトは2016年3月10日(米国時間)、米国ニューヨークで開催した次期データベースプラットフォーム「SQL Server 2016」の紹介イベント「Data Driven」で、「Oracle Database」からSQL Serverに移行する顧客に、SQL Serverの必要なライセンスを無料で提供すると発表した。
(中略)
SQL Server 2016は、インメモリデータベースや「Always Encrypted」「Stretch Database」など、標準ライセンスで利用できる機能が多数用意されている。こうしたことからマイクロソフトでは、SQL Server 2016について「データベースのTCOの低さは業界随一」としており、乗り換え促進プログラムの説明パンフレットでも、「SQL Server 2016のTCOはOracle Databaseの10分の1未満」とアピールしている。

「SQL Server on Linux」がオープンソース界への殴りこみなら、こちらは同業他社への真っ向勝負です。

このサービスで、実際にOracle DatabaseからSQL Serverに乗り換える企業なんて、
ほとんど無いでしょうね。
データベースは情報システムの根幹、
システム移行やデータ移行やそりゃもうたくさんのモノを移行しないと変更できません。
いくらライセンス料が安いからって、システム全体で見れば変更する意味がない。コストが見合わない。

そう考えると、この話は単純にMicrosoftの宣伝であって、
奇抜なこと言っていろんなニュース媒体やSNSでバズられてラッキー、的な話ですね。
ただまあ、「Oracle DatabaseよりもSQL Serverの方が安い」というメッセージは、
IT業界の人々の記憶に残るでしょうから、
新規システム構築の際の選択肢として、SQL Serverが挙げられることが少しだけ多くなるでしょうね。
そう考えると、「SQL Server on Linux」の話も、新規導入の際のアピールポイントになるでしょう。
(しばらくは使い物にならないとしても。)

というわけで、日本の大企業が下らない経営ゲームで右往左往している間に、
AppleやGoogleに押され気味のMicrosoftさんも、一皮むけて頑張ってますよというお話でした。

潰しが利くベンダー資格は?(初心者向け)

hostsh / Pixabay

この業界にはベンダー資格、たくさんありますね。
オラクル、シスコ、IBM、マイクロソフト、VMware等々…。

まあどれ取ってもあまり自慢にはならないもんですが、
「あ、この人これ系の言葉は分かるんだな…」くらいのファーストインプレッションくらいは持ってもらえます。
んで、実務上も、「あ、これだいたい分かるわ」くらいの有用性があるんですね。

なので、自分の進みたい方向性に合わせて、ベンダー資格を取ったらいいんじゃないかと思います。

とはいえ、

「いっぱいありすぎてどれ取ったらいいか分からないよ」
「自分が何をしたいのか分からないよ」

という、この業界の初心者の方々もいらっしゃるでしょう。
そんなあなたにお勧めしましょう。潰しが利くベンダー資格を。

それは…。

マイクロソフト認定プロフェッショナル(Microsoft Certified Professional)、略称MCPです!(断定)

特に、サーバー系資格の基本となる
「70-410 Windows Server 2012 のインストールおよび構成」
これ取っとこ!

お勧めの理由を述べましょう。

  • Windows Serverの設定や管理って、いろんなシーンで実施することがあるし
  • WindowsってGUIだしとっつきやすいし
  • 実家のパソコンもWindowsだし、ちょっとした知識で家族に自慢できるし

はい、この私生活でもちょっと役に立つところが良いですね。
データベースやネットワーク機器は、まあ実家に置いてないですからね。

というわけで、迷える子羊の皆さんは、ぜひMCP、それも70-410を取っちゃってください。
そして学習はぜひこの本で。この評価の高さ。来たねこれは。

迷っていない大羊の皆さんは、ええ、スルーで大丈夫ですんで。