広域機関システムのSIerは、あの有名な…?

ronomore / Pixabay

電力自由化、システム障害中

皆さん、電力自由化、やってますか?

やってないですよね〜。
システム障害中ですもんね〜。

電力市場の自由化を推進する広域機関に、情報システムのトラブルが相次ぐ – スマートジャパン

4月1日に始まった電力の小売全面自由化に伴って、2つの重要な情報システムが稼働した。いずれも電力市場の改革を推進する「電力広域的運営推進機関」(略称:広域機関)が運営するシステムである。

そのうちの1つは電力の購入先を切り替えるための「スイッチング支援システム」で、自由化が始まる1カ月前の3月1日から動き出している。もう1つは全国各地の需給バランスを調整するための「広域機関システム」だが、4月1日の稼働予定日までに一部の機能の開発作業が完了しなかった(図1)。5月に入った現在も問題点を解消できておらず、自由化を促進する業務に影響が出ている。

上記の記事を読む限り、広域機関システムにはまだいくつか不具合があって、
目指していた全国レベルでの電力取引の短時間化はまだできないそうです。
そして不具合解消の目処は未公表…。

しんどいですね。中の人がね。

中の人のSIerさん

中の人のSIerさんは、ズバリ言ってしまうと日立製作所です。

ニュースリリース:2014年8月29日:日立

株式会社日立製作所(執行役社長兼COO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、「電気事業法等の一部を改正する法律」に定められた、電力広域的運営推進機関(以下、広域機関)向け電力広域的運営推進機関システム(以下、広域機関システム)の提案募集において、提案採用者として決定されました。

この堂々として自信に満ち溢れたプレスリリース。
やったぞ、という印象。

受注当時は、ね…。

受注当時の裏事情

そして裏事情的な情報がこちら。

東芝、大型案件で想定外の失注 競争相手批判の悪あがき、過去の巨額違約金のトラウマ | ビジネスジャーナル

国内外で注目されていたコンピューターシステム商戦で異変が生じた。電力自由化の推進機関が使用するシステム開発をめぐり、有力視されていた東芝が脱落し、ダークホース的な存在であった日立製作所が受注に成功したのだ。
(中略)
入札には日本IBMやNTTデータなどの大手システム業者も参加したが、競争入札で実際に落札したのは日立だった。日立にはこれまで目立った官庁システムの落札事例がなかったため「産業界には衝撃が走った」(業界関係者)という。

東芝のトラウマってなんじゃらほい、と読み進めてみると。

「東芝は06年に特許庁のシステム開発を安値で受注したのですが、数回にわたってシステム設計をやり直し、結局、完成できないまま12年に開発を中止し、開発費に利息を加えて60億円近く返納することになった苦い過去があるのです。最初の設計見積もりの精度を下げることで安値を実現させたツケでした」(同)

電機メーカーがシステム開発を安値で受注する場合は、その後の仕様変更やメンテナンスなどを受注することで採算をとろうとするのが一般的だ。だが東芝はあまりに初期設計を安く済ませることで安値を実現したため、メンテナンスどころか、発注官庁に巨額違約金を支払うハメになってしまったというのだ。このときのトラウマが東芝には残っているという。

なるほどなるほど。

ちなみに、広域機関システムの入札では、
東芝の入札価格が四十億円で、対する日立が十六億円とのこと。

うんうん、はいはい。

想定ストーリー

つまり素人考えでは、

「安値で受注した日立が、システム開発にお金をかけられなくって、
カットオーバー遅延したり稼働後も障害中」

みたいなストーリー?

素人考えですよ、あくまでも。
事実とは違いますからきっと。

背筋が寒くなってきたので、本日はこの辺で…。

ITエンジニアの転職に手厚いサポート! マイナビエージェントを使い倒す

Nappiness / Pixabay

今よりもより良いIT企業に転職したい。ITエンジニアならときどき考えることです。

そして、いざ転職活動をしよう、となったら、活用するのが人材紹介サービスです。
ITエンジニアとIT企業をマッチングしてくれるわけですね。
転職はいろいろと不安があるもの。誰かに助けてもらえれば、勇気も出てきます。

で、今回紹介する人材紹介サービスは、「マイナビエージェント」です。

なぜマイナビエージェントか?

マイナビエージェントの良い所を、3つ挙げてみましょう。

  1. メジャーどころである
  2. IT系の求人が多く、有名企業も多い
  3. IT業界専任のキャリアコンサルタントがいる

1点目、メジャーどころであるということ。
これは、「人材紹介サービス」というキーワードでググれば明らかです。
2015/3現在、Google検索結果が1位です。それ以上語る必要はありません。

2点目、IT系の求人が多く、有名企業が多いということ。
マイナビエージェントのサイトを見ると、IT系の求人が多いことが随所に現れています。
また、紹介先企業もNTTデータ、サイバーエージェント、DeNA、NEC、
フューチャーアーキテクト、楽天、などなど、
IT系の有名企業が名を連ねているのがわかります。

3点目、IT業界専任のキャリアコンサルタントがいるということ。
これは後述しますが、その分野に特化したコンサルタントなので、
いろいろと頼りになるでしょう。

まあ、無難といえば無難かもしれませんが、安心感はありますよね。

公開求人を検索してみよう!

では、どんな求人があるのか?
公開求人を検索してみましょう。
検索結果一覧:IT/インターネット/通信

公開求人が約1000件、非公開求人が約5000件です。
非公開求人は、マイナビエージェントに登録すれば参照できます。
上の検索結果はIT業界のいろんな仕事がごっちゃになっているので、
以下の検索画面で、職種や勤務地、希望年収を指定して検索してみましょう。
公開求人検索

いかがでしょうか?
IT業界の求人って、結構あるものですね。

頼りになるキャリアコンサルタント達

先ほど少し触れましたが、マイナビエージェントには、
IT業界専任のキャリアコンサルタントがいます。
IT・WEBエンジニア専任キャリアコンサルタント

どうでしょう。
担当者の顔が見えるというのは、フレンドリーさや安心感があります。
各担当者の経歴とメッセージを見てみてください。
皆さん、いいこと言ってますよ…。
この方に担当してもらいたい、なんて思ってみたりした方もいるのでは。

転職のノウハウも教えてくれる

マイナビエージェントには、転職のコツについて解説したページがあります。
転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方から、履歴書、職務経歴書の書き方、
面接対策、円満退社まで。
まあ、ごく普通の内容かな〜、と思いきや、職務経歴書の書き方などは、
各業界、各職務ごとにかなり具体的なことが解説されていて、面白いですよ。
職務経歴書の書き方

この辺は、さすが餅は餅屋といったところですね。

IT業界の転職動向

転職する前に、IT業界の転職状況をチェックしてみるのもいいかもしれません。
転職市場レポート – IT業界

自分のやりたい仕事の状況を知るのもいい事ですし、
思い切って、景気のいい仕事を選んでみる、というのもありかもです。

転職相談会に行ってみる

転職を考えるにあたって、何かモヤモヤする…、ということであれば、
転職相談会に行ってみるのが良いでしょう。
転職相談会

やはり、人の話を直接聞いてみること、これが実感を掴む良い方法です。
また、転職相談会の参加者と会話してみて、刺激を受けるのもいいでしょう。
三現主義、ではないですが、迷ったらアクションするのが一番です。

登録は至極簡単

というわけで、長々と紹介してきましたマイナビエージェント。
サイトを眺めるだけなら登録不要ですが、非公開求人の参照や、
転職相談会に参加するためには、登録が必要です。
ま、数分で終わるんですけどね。
無料転職支援サービスへ申込む

無料であれば、ものは試しに、と登録できるので気が楽ですね。

まとめ

いかがでしたか?
マイナビエージェントが、ITエンジニアの転職やキャリアを、
いかに真面目に、真摯に捉えているか、理解できたと思います。
オススメの人材紹介サービスですよ。