ホンハイ・シャープに入社した皆さんに贈る言葉

Hans / Pixabay

鴻海と産業革新機構のシャープ買収劇は、ついに終焉を迎えたわけです。

シャープ買収、2日に契約=鴻海が3888億円出資

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は2日午後、総額3888億円を出資し、シャープを買収する契約を同社と結ぶ。国内電機大手が外資傘下に入るのは初めて。契約締結後、両社が共同運営する液晶工場、堺ディスプレイプロダクト(堺市)で、鴻海の郭台銘董事長(会長)とシャープの高橋興三社長が記者会見する。

なんか当初、ホンハイの出資額は7000億円規模だったような気がするんですが、
正味は約5000億円の4890億円、
そこからテリー・ゴウが偶発債務にいちゃもんを付けて約1000億円減額の総額3888億円、となりました。

もうなんか感覚が麻痺してきますね。
10億円とか端数ですよ端数。
でかい買い物をするときの人間心理ですね。怖い怖い。

さて、そんなシャープにも春はやってくるということで。

シャープ社長、再建に決意=入社式で各トップが訓示

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入ることが決まったシャープは、奈良県天理市で入社式を開いた。高橋興三社長は新入社員118人を前に「『規模のみを追わず』という経営理念を実践できなかったことも、当社が経営危機に陥った原因の一つ」と分析。

新入社員118人。様々な想いがあるでしょう。

シャープの買収劇が本格化してきたのが今年の1月ですから、
内定をもらっていた学生の皆さんは、もう逃げようがなかったのかもしれない。
逃げた学生もいるでしょう。
高橋興三社長も退任の意思表明しているし、再建に決意してもあんた…、という気はします。

しかし、新入社員の皆さんに言いたい。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」

むしろ外資系企業になっちゃったもんで、成果を上げれば上げるだけ評価されるでしょう。
世界を股にかけるビジネスマンにもなれます。
もう以前の、経営層による権力闘争、同族的経営にはおさらば。
まさに新しい気持ちで、仕事に取り組んでいただければと思います。

シャープがホンハイの提案になびいた時、もう世の中はすっかりグローバル社会、
国家主義的なものは死んだんだなと感じました。
何にも怖じることはない、ホンハイ・シャープの一員として、頑張ってください。

名品で振り返るシャープの歴史【ホンハイ記念日】

MonicaVolpin / Pixabay

いやー、ついにシャープはホンハイ傘下になっちゃいましたね。

シャープ、鴻海傘下の再建を正式発表。有機EL2,000億投資、ブランド・雇用維持

経営再建に取り組んできたシャープは25日、台湾の鴻海精密工業傘下での再建を決定した。シャープは第三者割当による新株式(普通株式及びC種類株式)の発行を行ない、鴻海による出資規模は総額4,890億円となる。

産業革新機構の提案を受け入れると思いきや、受け入れたのは鴻海案、
まあその、背に腹は変えられない的な、今はお金が一番大事だよ的な結論となりました。
仕方ないですよね。
もう日本には国家主義みたいなものは存在しないようで、実にサバサバしたものです。

さてそのシャープですが、最近は液晶の工場にお金かけすぎて失敗した家電メーカー、
くらいのイメージしかないかもしれませんが、過去、数々の名品を生み出してきています。
その名品たちを、少し振り返ってみましょう。

商品化年 製品名 説明
1915年 シャープペンシル 言わずもがなのアレ
1979年 書院 日本語ワープロ
1982年 X1 パソコンテレビ
1986年 ツインファミコン ファミコン+ディスクシステム一体型
1987年 X68000 ホビー向けパソコン
1993年 ザウルス PDA
1995年 Mebius ノートパソコン
2000年 J-SH04 カメラ付き携帯電話
2000年 プラズマクラスター空気清浄機 アレかもしれないけどヒットした空気清浄機
2001年 AQUOS 液晶テレビ
2002年 MURAMASA 薄いノートパソコン
2004年 ヘルシオ 水で焼くウォーターオーブン
2005年 W-ZERO3 キーボード付きPDAフォン
2010年 GALAPAGOS メディアタブレット

あー、そういえばあれもこれもシャープ製だったよなぁ。
懐かしいなぁ。

なんでこんなことになっちゃったのかなぁ。

あれ、なぜか目から塩水が…。