キャズム超えも見えてきた、マネーフォワードの快進撃

WerbeFabrik / Pixabay

IT業界の皆さま、こんにちは。
今日も偉い人から「うちのFintechはどないなっとんのや!」と言われていますか?
いやはや面倒ですよね〜。

マネーフォワードのプレスリリース

そんなさなか、グイグイとビジネス拡大しているFintechがありました。
皆さんご存知、マネーフォワードさんです。
最近のプレスリリースを見てみましょうか。

No. 日付 プレスリリース 顧客
1 2016年03月25日 マネーフォワード、住信SBIネット銀行提供のAPIとの公式連携を開始 ~より利便性が高く、より強固なセキュリティレベルを実現~ 住信SBIネット銀行
2 2016年04月12日 マネーフォワード、静岡銀行のお客様に向けた『マネーフォワード for 静岡銀行』を提供開始 ~NTTデータのインターネットバンキングAPIを国内初導入の自動家計簿・資産管理サービスをリリース~ 静岡銀行
3 2016年05月09日 マネーフォワード、東海東京証券のお客様に向けた『マネーフォワード for 東海東京証券』を提供開始〜証券会社専用の自動家計簿・資産管理サービスを国内初リリース~ 東海東京証券
4 2016年05月16日 「マネーフォワードFintech研究所」にてコンサルティングサービスを開始~第一弾として、株式会社セブン銀行へ銀行APIに関するコンサルティングをスタート~ セブン銀行
5 2016年05月26日 マネーフォワード、北洋銀行との業務提携契約を締結 ~両社の協業により、道内の個人・法人のお客様に向けて新たなFintechサービスを展開~ 北洋銀行

分かりますか?
分かりますよね〜。

マネーフォワードのやり口

マネーフォワードって、基本は、Webスクレイピングのテクノロジーを使っているわけです。
つまり、利用者から、各種金融機関のWeb取引システムのIDとパスワードを預かって、
機械的にWeb取引システムにログイン、HTMLデータを解析して値を取り出し、
口座データとして蓄積、閲覧可能にするという仕組みです。

やり方としては、結構強引ですよね。

まず、利用者のIDとパスワードの管理。
しかも金融機関のですよ。
Twitterのアカウントとは違うんですよ。
重みが違う。
ヤバイです。
漏洩したら一発アウトですよ。
そのリスクをテイクしてくるマネーフォワード△!

次に金融機関のWeb取引システムへの機械的なアクセス。
基本的に、それらのシステムは人が利用する前提で作られていますから、
例えば高負荷掛けちゃったとかになると、金融機関からクレームがくるかもしれない。
嫌がられてブロックされるかもしれない。
そっと丁寧に扱わないとヤバイ。
そのリスクもテイクしてくる、フォワード△!

マネーフォワードが超えた壁

そんな、結構危なっかしいところにグイグイ突っ込んでくるフォワードさん、
ついに一部の金融機関から認められて、公に提携、プレスリリースし始めたんですよ。

しかも、提携した金融機関については、接続の安全性も高まります。
いろんな繋ぎ方があるんでしょうが、基本はAPI経由の接続になり、
IDパスワードではなく、トークンを使った認証になる模様。
つまり、マネーフォワードは利用者のIDパスワードを預かる必要がなくなるわけです。

これで先に挙げた2つのリスクを解消。スゲーよ!

この目論見が成功しているのは、
複数金融機関の口座の管理が、利用者にとって、どう頑張っても面倒だから、
その面倒さを解消するサービスにはニーズがあり商売できるはずだ、
とフォワードさんが理解しているからでしょうね。
スゴイですね。
信念ですね、フォワードさんの。

マネーフォワードのビジネス的には、今がちょうど着火し始めたあたりで、
経営の舵取りに失敗さえしなければ、大ヒットするでしょう。
他にも「MFクラウド会計」というネタも持っているし、なかなかやりますよ。

結論

Fintechだなんだ言っても、ビジネスの基本は、ニーズの発見とそれで商売する信念。
基本は変わらないんだなと感じさせる好事例なマネーフォワードさんなのでした。

えっ、日銀がFintechって言ったの!?で、うちのFintechはどないなっとんのや!

mickyroo / Pixabay

ついに日銀の黒田総裁もバズワードを発しました。

日銀、Fintechセンターを設立–黒田総裁「金融以外の企業との連携が必要」

日本銀行は4月1日、決済機構局内で「Fintechセンター」を設立すると発表した。
Fintechの動きが金融サービスの向上や持続的成長に資するものとなるよう、Fintechへの取り組みを強化し、民間銀行などとの情報交換や連携を進めるほか、日銀が主催するFintech関連のイベントを取りまとめ、情報発信する。

Fintechセンターって、名前は立派だけど大したことやらないんだな…。
いやいや、この「情報交換」ってやつが事実上、日銀からのお達しで、それに従わないと…みたいな世界なの?
なにそれこわい!

もうこれで金融業界はFintech、Fintech言い出しますよ。
よく分かってない経営層とかが吠え出したりしたら大変ですね。
その筋の皆さま、お疲れ様です。

まあ、僕もFintechは全然分かってないですけどね。
ググってみた限り、↓が分かりやすかったです。

ここらで世界一わかりやすく「FinTechとは何か」を説明しよう。

たとえば、みずほ銀行が投資信託のオンラインサービスを始めたりアプリをつくったところで、それは「FinTech」ではなく「金融機関のIT活用」である。
現在バズワードとなっている「FinTech」は、逆に「IT企業が金融分野においてサービスを展開」することである。

つまり、昔ながらの金融サービスにITの仕組みをかましたら面白いことできるで、ということですね。
保守派と革新派のせめぎ合いですね。
もどかしいながらも新しいモノが生まれてくる、そんな感じがしますね。
いいんじゃないですかね。

ちなみに僕は、Fintech資産管理サービスの筆頭、マネーフォワードを使っています。
このサービス、銀行口座の残高とかクレジットカードの支払いとかを纏めて一覧化してくれるんですが、
そのために各サービスのIDとパスワードを登録するんですよ。
恐ろしいですよね。
ちょっと考えられないですよね。
漏れちゃったら大変ですからね。
でも便利だからやっちゃう的な、このもぞもぞする感じ、これがFintech。

まあ、黒田たんもFintech言うてますから、ちょっと体験してみても損はないと思いますよ。