ICT48を成功させるたった一つのやり口

nikolapeskova / Pixabay

ICTビジネス研究会がやらかす

まあ、ピュアで真面目なおっさん達が、気持ちやり過ぎちゃって、
叩かれてる感はあります。
ICT48ね。

↓これがね。

ASCII.jp:集え「ICT48」、ICTで活動する女性を募集

ICTビジネス研究会(一般社団法人テレコムサービス協会)は6月9日、「ICT女子プロジェクト」を開始した。
同プロジェクトは、全国各地でICTを用いて活動する女性(ICT女子)を発掘し、一層の活躍の場を提供するもの。具体的には、ICT女子と企業・団体の交流を深め、女性ならではのアイデアで新ビジネス・サービスを創造することでICT利活用を推進する。さらに、これらの取り組みを積極的に情報発信することで、社会全体の女性たちの存在感を高め、IT業界へ就業する若手女性の増加を目指す。

↓このありさま。

【追記あり】総務省がICT分野での女性活躍支援の「ICT女子プロジェクト」を盛り上げる「ICT48」を「13歳~24歳に限り通信・交通費は自腹」で募集 | BUZZAP!(バザップ!)

総務省はICT(情報通信技術)分野において女性活躍を支援する「ICT女子プロジェクト」を指導することを6月9日付けのツイッターで発信。その際に、このプロジェクトを盛り上げる48人の女子、その名も「ICT48」を募集することをぶち上げ、当然のごとく批判に晒されています。

よくこんな負け戦企画が通ったなと不思議でなりませんが、
会議室で議論が煮詰まりすぎちゃって、
何やってるかよく分からなくなったんでしょうね。

ICTビジネス研究会」もなんだかよく分からない団体ですが、
すごく総務省感というか、税金の臭いがするというか、まあ、うん。

ICT48の意図

ICT女子とか言って、華やかさを出して、
ICT業界を盛り上げたかったという意図は分かる。
盛り上げたかった=儲けたかった、というのも分かる。
いいんじゃないでしょうか、ビジネスですから、儲かれば。

でもね、それをお役所がやっちゃダメでしょう、という話。
男女平等、機会均等、老若男女、労使協定、世界平和、
そういう立ち位置を求められるのがお役所。

そのお役所がさあ、アイドル募集って、違うよね。
音速で「女性の商品化か!」って叩かれるよね。
なんで気付けないかなぁICTビジネス研究会。

ICT48を成功させるには

で、ICT48を成功させるには、餅は餅屋ということで、
秋元康氏にやってもらうのがベストだった。
理由は以下。

  • 研究生やらなんやらでメンバーの持ち駒は無数。募集の必要なし。
  • 「ああまた秋元がなんかやってるわ」程度の注目度で目立たない。
  • ビジネスにならないと判断されれば音速で解散。
  • むしろ最初は期間限定のユニットにするとか、自由自在。
  • 秋元康氏のやってることであり、総務省への悪影響は全くなし。

もちろん、総務省は秋元康氏にお金を渡しすぎてはいけませんよ。
会場を提供する程度のスポンサー具合で。

でね、ICT48のメンバーが、ICT現場(おっさん度高し)を訪問して、
キャッキャウフフしてりゃ良かったんですよ。
それでいいじゃないですか。
解決解決。

本当は言いたいこと

いやね、本当はね、言いたいことはこんなことじゃないんですよ。
ICTでの女性活用とか、そもそもの考え方が間違っている。

ICT仕事があるとして、必要なのは仕事内容と報酬の提示だけですよ。
割に合えば人が集まり、割に合わなければ人が集まらない。
男性か女性か、高齢者か外国人か、なんて全く関係ない。

人が集まらなければ、割に合う仕事を提示すればいい。
いかに割に合う仕事を生み出すか、を議論すればいい。

そこをね、割に合わない仕事で人が集まらないからってね、
やれ女性だ、高齢者だ、外国人だってね、話の順序がおかしいですよ。

そんなICT業界は、人材不足の品質低下で滅びればいいと思います。