広域機関システムのSIerは、あの有名な…?

ronomore / Pixabay

電力自由化、システム障害中

皆さん、電力自由化、やってますか?

やってないですよね〜。
システム障害中ですもんね〜。

電力市場の自由化を推進する広域機関に、情報システムのトラブルが相次ぐ – スマートジャパン

4月1日に始まった電力の小売全面自由化に伴って、2つの重要な情報システムが稼働した。いずれも電力市場の改革を推進する「電力広域的運営推進機関」(略称:広域機関)が運営するシステムである。

そのうちの1つは電力の購入先を切り替えるための「スイッチング支援システム」で、自由化が始まる1カ月前の3月1日から動き出している。もう1つは全国各地の需給バランスを調整するための「広域機関システム」だが、4月1日の稼働予定日までに一部の機能の開発作業が完了しなかった(図1)。5月に入った現在も問題点を解消できておらず、自由化を促進する業務に影響が出ている。

上記の記事を読む限り、広域機関システムにはまだいくつか不具合があって、
目指していた全国レベルでの電力取引の短時間化はまだできないそうです。
そして不具合解消の目処は未公表…。

しんどいですね。中の人がね。

中の人のSIerさん

中の人のSIerさんは、ズバリ言ってしまうと日立製作所です。

ニュースリリース:2014年8月29日:日立

株式会社日立製作所(執行役社長兼COO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、「電気事業法等の一部を改正する法律」に定められた、電力広域的運営推進機関(以下、広域機関)向け電力広域的運営推進機関システム(以下、広域機関システム)の提案募集において、提案採用者として決定されました。

この堂々として自信に満ち溢れたプレスリリース。
やったぞ、という印象。

受注当時は、ね…。

受注当時の裏事情

そして裏事情的な情報がこちら。

東芝、大型案件で想定外の失注 競争相手批判の悪あがき、過去の巨額違約金のトラウマ | ビジネスジャーナル

国内外で注目されていたコンピューターシステム商戦で異変が生じた。電力自由化の推進機関が使用するシステム開発をめぐり、有力視されていた東芝が脱落し、ダークホース的な存在であった日立製作所が受注に成功したのだ。
(中略)
入札には日本IBMやNTTデータなどの大手システム業者も参加したが、競争入札で実際に落札したのは日立だった。日立にはこれまで目立った官庁システムの落札事例がなかったため「産業界には衝撃が走った」(業界関係者)という。

東芝のトラウマってなんじゃらほい、と読み進めてみると。

「東芝は06年に特許庁のシステム開発を安値で受注したのですが、数回にわたってシステム設計をやり直し、結局、完成できないまま12年に開発を中止し、開発費に利息を加えて60億円近く返納することになった苦い過去があるのです。最初の設計見積もりの精度を下げることで安値を実現させたツケでした」(同)

電機メーカーがシステム開発を安値で受注する場合は、その後の仕様変更やメンテナンスなどを受注することで採算をとろうとするのが一般的だ。だが東芝はあまりに初期設計を安く済ませることで安値を実現したため、メンテナンスどころか、発注官庁に巨額違約金を支払うハメになってしまったというのだ。このときのトラウマが東芝には残っているという。

なるほどなるほど。

ちなみに、広域機関システムの入札では、
東芝の入札価格が四十億円で、対する日立が十六億円とのこと。

うんうん、はいはい。

想定ストーリー

つまり素人考えでは、

「安値で受注した日立が、システム開発にお金をかけられなくって、
カットオーバー遅延したり稼働後も障害中」

みたいなストーリー?

素人考えですよ、あくまでも。
事実とは違いますからきっと。

背筋が寒くなってきたので、本日はこの辺で…。

日立パンポンがオリンピック公式競技になる日

skeeze / Pixabay

※画像はテニスのもの。パンポンのフリー素材が見つからなかったため代用。

パンポン?

皆さんは「パンポン」をご存知だろうか?
似た言葉なら知っているけど、え、パンポン?なになに?
という方も多いだろう。

そこでまずこのYouTube動画をご覧頂きたい。

動画右上にずっしりと構える「HITACHI」の文字。
えっ、日立ってあの日立製作所の日立?なになにどういうこと?
と感じる方も多いだろう。

パンポンとは

では、パンポンとは何なのか?

由来・魅力|公益財団法人 日立市体育協会

「パンポン」は、大正10年頃、創業間もない日立製作所日立工場で始められました。当時の従業員は昼休みを将棋や囲碁で過ごす者が多く、スポーツではキャッチボールをするぐらいしかなかった。
しかし、建家のガラスを壊すケースが多く、これをやる範囲を限定したところ、ミカンの空き箱を利用していつの間にか板きれを手にテニスボールを打ち合い、お互いにルールを決めてゲームを行うようになった。これが「パンポン」のそもそもの始まりです。

つまり、日立の工場で自然発生的に生まれたスポーツなわけです。
従業員の一時的なお遊びであれば、すぐに消滅したんでしょうが、
これがスポーツにまで昇華する、それが日立製作所の偉大さと言えましょう。

当然ながら、競技ルールもきっちり決められています。

競技規則PDFダウンロード

世の中的な認知度はまだまだ低いようですが、一部例外として、
パンポン発祥の地、茨城県日立市では年に一度、パンポン大会が開催されています。

第37回 日立市パンポン大会|公益財団法人 日立市体育協会
第36回 日立市パンポン大会|公益財団法人 日立市体育協会

分かりますか、今年で第37回ですよ。
37年前にオギャアと生まれた赤ちゃんも、もうすっかりおっさんですよ。
それくらい歴史があるんですよパンポンには!(熱弁)

てかそもそも発祥が大正10年、約100年前ですよ!
100年前にオギャアと(以下略)

パンポンはオリンピック公式競技になるか

そんなローカルスポーツなパンポンですが、
やはりこの昨今の日立製作所の企業としての盛り上がりを見ていると、
徐々に拡大していくと思うわけですね。
関東に、日本に、世界に、そしてオリンピック競技へと。

ちょっと試算してみましょうか。

オリンピックのマイナー競技の代名詞みたいなボブスレー、
これは、日本の競技人口が30人以下です。
とても少ないですね。

もう一点、近年のオリンピックの参加選手数、これがだいたい1万人くらいです。

対して、日立製作所の従業員数が連結で約33万人ですよ。
分かりますか、オリンピックを30回開催してまだお釣りがくる規模!
桁が違うよ桁が!(熱弁)

日立さんもね、日立市にこぢんまりと収まっているんじゃなくて、もっと世界に羽ばたきましょうよ!
それくらい誇りを持っていいんですよパンポンに!
従業員数と金に物を言わせればいいんですよ!
4年に一回とかケチなことを言わずに、年一で世界大会すればいいんですよ!

結論

パンポンのオリンピック公式競技化は、日立さんのやる気次第。

やったぁ!ベースアップ1500円だぁ!(棒)

martaposemuckel / Pixabay

3月も中旬にさしかかり、だんだんと春めいてまいりました。
春といえば、もちろん春闘です。
労働組合です。
労使交渉です。
闘争です。

そんななか、電機大手のベアも固まってまいりました。

電機大手、ベア1500円で調整 昨年回答は下回る

電機大手の春闘交渉は、賃金体系を底上げするベースアップ(ベア)について、月額1500円を軸に最終調整に入った。
(中略)
ベアの水準は、日立製作所パナソニック富士通NEC三菱電機の経営側と、電機連合が統一交渉して決める。

この話、この業界にいない人たちにとってはさっぱり分からないでしょうね。
ちょっと簡単に説明しましょう。

まず労働組合、これは、企業の従業員からなる組織です。
企業の言いなりになっていたら搾取されるから、組織を作って雇用を守っていこうぜ、という団体です。
企業内の組織ではありません。
労働組合は、賃上げ交渉とか、場合によってはストライキとか、やります。
企業にとってしてみれば鬱陶しいでしょうね。
ストライキで仕事止められちゃかなわんですからね。

で、大手企業ともなれば従業員もたくさんいますから、労働組合もそれなりに大きくなります。
んで、さらに企業の労働組合を束ねたものが連合で、電機業界の連合が電機連合なわけです。
スゲーパワーありそう!

そんな労働組合が、定期的に賃上げや労働改善の交渉(闘争)していて、それが春にあるから春闘。
ベースアップというのは、
給料の基本給部分(ベース)と職能給部分の、基本給部分を上げる(アップ)というものです。
つまりこのニュース、電機業界の従業員の基本給が、月額1500円上がりそうですよというものです。

どうですか?
羨ましいと感じるでしょうか、そんな景気のいい話いまどき無ぇよと思うでしょうか。

個人的にはですね、まあ確かに大手企業らしい安定感のある話で羨ましいと思う反面、
素直に受け取っちゃいけないと思うわけです。
ぶっちゃけると、従業員の給料なんて、職能給でどうとでもなります。
毎年ベースアップしてるけどなんか給料増えへんなぁ…、と感じているあなた、
上手いこと騙されています。
企業だって無い袖は振れないわけです。至極当然の話です。

ではなぜ、労働組合があって、連合があって、春闘があって、ベースアップがあるのか?
なんでしょうね。
謎ですね。
ちょっと、闇が深そうですね。

うん、怖くなってきたので、今日はこの辺で…。

日立用語が公用語になる日

PublicDomainPictures / Pixabay

電機メーカー大手のニュースが世の中を賑わせています。
なんだかすっかり負組ポジションになってしまったシャープさん、東芝さん、
頑張ってる感のあるパナソニックさん、ソニーさん、
ちょっと地味な三菱さん。

そして、今、とてもいい感じなのが日立さんです!(独断)
日立製作所
平均年収は827万円、社員数も単独3万人、連結33万人。デカい!盤石!
これからの日本の電機は日立さんに背負って立っていただきたい!

しかしながら、そうやって日立さんがどんどん幅を利かせてくると、(失礼)
日立さん独自の文化や言葉を知っておく必要が出てきます。
知らなかったり間違えたりすると、斬り捨て御免されるかもしれませんからね。

で、これだけは確実に押さえたいものがあります。
つまりそれが日立用語です。

日立用語 拝承!!

日立用語

  • 毎々お世話になります
  • 毎々お世話になっております
  • 「~を頂きたく」「~致したく」「~をお願いしたく」「~を使用したく」で文章が終わる。
  • 首記の件、~ について ~ たく
  • 拝承 (「了解した旨」を伝える場合は「拝承」と書くだけで良い)。
  • (多すぎるので後略)

「なんかあの人からのメール、見慣れない言葉があるな…。」と感じたとき、
もしかするとそれは日立用語かもしれません。
上記のページをよく読んで、間違いの無いように返信メールしてください。
もし間違ってしまったら…、分かりますね。

そしてこの日立用語、公用語になる日を大胆に推測すると、
それは東京オリンピックの2020年、インフラ投資が上り詰めた年、だと考えます。
その頃には、日立さんの連結従業員は100倍の3300万人くらいになっていることでしょう。

以上、ご査収の程お願いしたく。