IT業界が変われない本当の理由

IT業界はなかなか変わらないのだ

IT ProさんがIT業界に警鐘を鳴らす記事を書いていましたので、紹介します。

記者の眼 – 過労による精神疾患でワースト1、IT業界が変われない理由:ITpro

 過労によるうつ病などの精神障害(精神疾患)は20人、うち自殺は4人(未遂含む)――。
 これは、IT企業を含む情報通信業の従業員が、業務による過労自殺等として2015年度に東京都内で労災認定された数である(東京都には、情報通信業に属する全国の従業員の50%超が集積している)。
 従業員数当たりの比率では、精神疾患、自殺ともに他産業の2倍以上。特に精神疾患の割合では、建設業などを超えてワースト1である。もちろんこの数字は氷山の一角であり、労災の申告や認定に至らなかったケースも多数あるだろう。

最近は例の電通の事件により、全体的にうっすらとホワイト化してきた感がありますが、
まだまだブラック、ブラック言われるのがIT業界です。
まあね、趣味を仕事にしているような人もいるし、長時間労働でも全然大丈夫だよ~、
みたいな現場も多々あると思います。
でもでも、仕事には責任があるし、追い詰められてきたら、
行き詰って精神的に壊れてしまうことも多々あるということですね。

で、IT Proさんの記事では、その原因の一つとして、客先常駐にクローズアップしています。
客先常駐のIT技術者はこんな感じで苦しんでいると。

  • 常駐先では本来の雇用主による時間管理が難しくなる
  • 仕事で要求されるスキルと自身のスキルとのミスマッチが起こりやすい

客先常駐って、アウェイで孤軍奮闘するわけですから、なかなか辛いわけですね。
で、昔はこれでどうにかなっていたけど、最近は顧客予算も減ってきたし、Web界隈に人が取られちゃったし、
辛さに拍車がかかってきと。

なるほどね。
でも、IT Proさん、お優しい。
ちょっと突っ込みが優しいです。

客先常駐に限定して言えば、IT業界が変われない本当の理由をストレートに言うと、
それが、顧客から望まれているから、かつ、IT企業側も儲かるから、です。
ビジネス的に割と上手く成り立っているから、止められないんですね。
顧客もIT企業も。
IT技術者がすり減ってどうなろうとも、ね。

あー、怖い怖い。怖い話をしてしまいました。くわばらくわばら。
今日はここまでにします。

客先常駐や、IT Proの記事中の特定派遣の話も、掘り下げると面白いので、また記事に書いてみますよ。

【あれれ~おかしいぞ~】鴻海にうまいことやられ始めたシャープ

PDPhotos / Pixabay

「真実はいつもひとつ!」(by 江戸川コナン)

はい、というわけで、ホンハイのテリー・ゴウ董事長は、
シャープの高橋興三社長よりも何枚も上手だったようです。

鴻海が出資額引き下げを打診 混迷深まるシャープの経営再建

経営再建中のシャープを巡って、鴻海(ホンハイ)精密工業が買収に向けた出資額の引き下げなど、支援条件を大幅に見直すことを打診していたことが、19日分かった。複数の関係者が明らかにした。

スゲーいい感じに買い叩かれてるよこれ!(涙)

でも、いつからこんなことになったんでしたっけ?
ちょっと時系列で見てみましょう。

No. 時期 出来事
1 2月上旬 ホンハイ、約7000億円超の規模で、シャープを支援する意向を示す
2 2月中旬 シャープ、ホンハイと産業革新機構を天秤にかける
3 2月下旬 シャープ、ホンハイの提案を受け入れ、ホンハイ傘下が確定
4 2月下旬 産業革新機構、シャープ支援から撤退することを表明
5 2月下旬 ホンハイ、シャープから偶発債務リスト約3500億円分を受け取り、買収契約の見合わせを発表
6 3月上旬 買収契約が延び延びになる
7 3月中旬 ホンハイ、銀行が保有するシャープの優先株の買取価格を、1000億円から500億円以下に引き下げることを提案、銀行側が激しく抵抗
8 3月中旬 ホンハイ、優先株の買取価格値下げの代替案として、シャープへの出資額を1000億円引き下げることを提案
9 3月中旬 ホンハイ、シャープへの手付金1000億円を500億円に減額しつつ、使途を制限することを提案

こんな超大企業間の交渉で、こんなベーシックな交渉テクニックを見せつけられるとは。
シャープはホンハイに、完全にいいようにされています。
手玉ですよ手玉。

ちなみにこのシャープ、銀行から借りている5100億円の借換期限が3月末に迫っています。
あと10日位しかありません。
買収契約が成立しないまま3月末を迎えると、一体どうなってしまうのか?
ホンハイの交渉力はますます強まっていく訳ですね。

ていうか、これもうホンハイが交渉のテーブルに着いた時から、
仕組まれていたシナリオじゃないですかね。
恐ろしいですね。
でもシャープも、もうちょっとこうなることを想像できたのでは、と思います。
それすらできない経営体制になってたって事なんでしょうね。

あとこれって、就活で内定もらってないのに担当者の口約束だけで意思決定しちゃって、
なのに内定もらえず右往左往する大学生かよ、と思っちゃいますね。
つまり、契約を結んでから、前に進めば良かったんですね。
なんかもう、基本中の基本ですね、あらゆる契約の。

一体なぜ鴻海をスポンサーに選んだのか――。瀬戸際の交渉が続くなかで、シャープ社内からは今さらながらそうした怨嗟の声が噴き出し始めている。

遅すぎるよ!(号泣)

ちなみに、僕の直近の予想は、「3月末になっても買収契約が成立しない」です。
これでシャープは大ダメージを受け、ホンハイは更に安くシャープを買えるというものです。
この予想、当たらないことを祈ります。
くわばらくわばら…。

IT業界におけるブラック企業パターン

bella67 / Pixabay

2013年の流行語トップテン入りした「ブラック企業」という言葉。

「あーあそこはブラック企業だから…」とか、
「うちの現場、ブラックだからね…」とか、
まあそれなりのイメージを持って何となくは使われているものの、
実は明確な定義はありません。

ブラック企業 – Wikipedia

元々は、暴力団などの反社会的団体との繋がりを持ち、違法行為を繰り返す会社を指していたが、近年では労働基準法を無視、あるいは法の網や不備を悪用して従業員に長時間労働を強制する企業を主に指す。
1991年のバブル景気崩壊・失われた20年の始まり以降、企業の経営体制は「なるべく無駄を省く」として「コスト削減」に比重を置いてきた。そうしたことからブルーカラー・ホワイトカラーや正規雇用・非正規雇用を問わず、末端の従業員に過重な心身の負担や極端な長時間の労働など劣悪な労働環境での勤務を強いて改善しない企業を指すようになっている。すなわち、入社を勧められない企業、早期の転職が推奨されるような体質の企業がブラック企業と総称される。

Wikipediaにはいろいろと書かれていますが、「まあだいたいこんな感じ」の域です。
なぜ定義が難しいかというと、長時間労働であっても、従業員の満足感が高ければ、
長時間労働=ブラック企業=悪、という構図を組み立てにくいから、でしょう。
例えば、スタートアップ企業で企業の成長が面白くて仕方がない、寝食も忘れちゃうぜ、
みたいな場合ですね。

とはいえ、労働基準法の1日8時間、1週間40時間を大幅に超えた勤務が常態化している企業というのは、
従業員が身体や精神を壊す可能性が高まってくるため、
本人がどう捉えようが、ひとまずはブラック企業と言って良いんでしょうね。

で、このブラック企業というのは、業界によってパターンがあるように思うんですよ。
一言でブラック企業と言っても、IT業界と外食産業と運輸業のブラック具合は、
具体的には異なるわけです。

というわけで、IT業界のブラック企業パターンを以下に挙げてみます。

パターン1:短納期

「1週間後にリリースだから」
「今日中に単体テストケースを全部消化しないと遅延が」
「セール開始時間までに間に合わせろ!」

結果、深夜残業や休日出勤が多発するわけですね。

パターン2:少人数

「うちは少数精鋭でチームを組むからね」
「このシステムの保守は君だけだから」

仕事には効率化できるものとできないものがあって、
後者を少人数で臨むと、結果は火を見るより明らか。

パターン3:一人二役以上

「つまり貴方に求めるのはプレイングマネージャー」
「フルスタックエンジニア募集中」

本質的には少人数パターンと同じなんですけども、
すごい口当たりの良い横文字で役割を与えて、
本人のモチベーションを上げちゃうところが罪。

パターン4:仕様変更、納期不変更

「ここにボタン追加しといて」
「あとこの検索結果にアレも表示して」
「ちょっとイメージが違うなぁ、これがバーンとこうだよ」

仕様変更に合わせて納期も延ばせたら、どれほど良いことか。

パターン5:大規模すぎる

「システム開発規模、ン千億円、ン十万人月!」
「リーダー、僕らどんだけ働いたら終わるんですかねぇ…」

人間が管理できる規模には、限界があるんですよ。
それを超えて塊で取り扱おうとうすると、管理不能状態になって、
働けど働けど なお我が暮らし楽にならざり じっと手を見る(by 石川啄木)
ってなっちゃう。

まとめ

思いつくパターンをざっと挙げてみましたが、もっとありそうな気はします。

本質的にはどのパターンもQCD、つまり品質(Quality)、費用(Cost)、納期(Delivery)について、
品質は落とすことができず、費用と納期が狂っている、ということです。
その結果、長時間労働と、場合によっては割に合わない賃金、が生まれるわけですね。

くわばらくわばら…。