富士通退職エントリまとめ

geralt / Pixabay

退職エントリの是非

退職エントリなんて、なんでわざわざ書くんでしょうね。
あれ、あんまり良いこととは思えないんですよ。

結局、書く内容って、退職する会社に対するネガティブなものか、
転職先の会社に対するポジティブなものになるじゃないですか。
前者は良い印象にならないし、後者だって退職する会社への当てつけと思われたり、
あとは転職後に宣言した通りにならなかったらカッコ悪いですよね。

男は黙って無言実行。これ。
あっ、女も同様ですから!
安心してください!

富士通の場合

で、最近流行りなのが富士通の退職エントリ。

大手電機の一角で、従業員数は単独でも約25,000人、平均年収810万円。
IT業界的にはどう見ても勝ち組企業の富士通さん。
そこをあえて辞めてやるぜ!というこのギャップがウケるんでしょうね。
書き手はウケを求めているんでしょうかね。
何でしょうね、別に書かなくてもいいのにね。

とまあそういう気もするのですが、野次馬的に眺めてみるのはそれはそれで面白いかもと思って、
ざっと並べてみました。

No. 日付 リンク コメント
1 2014/01/20 富士通を退職してGunosyにjoinしました – Ryoの開発日記 ポジティブ系
2 2015/06/09 富士通株式会社を退職しました – 渡る世間はヒモばかり やっちゃった系
3 2015/09/09 富士通株式会社を退職し、フリーランスになりました – ままはっく ポジティブ系
4 2016/04/13 富士通を退職した話 ネガティブ系
5 2016/04/24 富士通を退職して思うこと ネガティブ系

退職エントリ評

一通り読んでみましたよ。
なるほど、思いの丈の吐き出し先がインターネットだった、ということですね。
よく分かります。
分かるけれども、やっぱりちょっと脇が甘い気もします。
手の内はなるべく見せないほうが良いのではないでしょうか。

あと、はてな匿名ダイアリーのような便所の落書き、
もとい御手洗いの自由帳に書き込むネガティブ情報なんて、どう考えても私怨ですね。
よく分かります。
分かるけれども、やっぱり脇が甘いです。
一時の気晴らしで、本人特定リスクを背負うわけですからね。

改めて考える「雇用」とは

退職エントリを書いた皆さんに共通している点は、
「こんな仕事はやりたくない、好きなことで生きていくんだ」という想いです。

ここで改めて考えてみると、「雇用の安定性」と「好きなこと」というのはトレードオフになっていて、
退職エントラーは、前者が嫌だったから辞めた方々なわけです。
もちろん前者を優先して、どんなに仕事が変わろうが富士通に居続けるのも全然アリなわけです。
その辺をフラットに捉えることができれば、ざわざわする必要もないですね。

まあ、25,000人の大半は、多かれ少なかれ「雇用の安定性」を取っているわけで、
それをアンチテーゼとする退職エントリにざわざわするのも致し方ないかもしれませんね。

結論

とはいえ、退職エントリなんてなんだかんだ言って少数派の書き込みです。
これしきで富士通に揺るぎなし。
安心してください!

富士通とエースコックがベトナムで美味しいフォーを開発

mhywin / Pixabay

思わずお腹が減ってくるニュースが流れてきました!

富士通とエースコックがベトナムで物流システムを共同運営、日系企業向け

富士通とエースコックは2016年3月29日、ベトナムに進出している複数の日系企業が共同で利用できる物流システムを構築すると発表した(図1)。2016年6月からエースコックの現地子会社が自社の物流で試行を始め、システムの有効性を検証する。本稼働は2017年3月を予定しており、両社のベトナム現地子会社が共同で運営する。

ベトナムの麺料理といえば、まず思い浮かぶのがフォーですね。
ツルツルとしてさっぱりした味わいに、心もほっこり。
富士通さんエースコックさん、なかなか味な分野を攻めてきましたね。

…。

あれ、物流システム構築?
フォーじゃないの?
エースコックさんがベトナムなのに?

と、見間違えてしまいましたよ筆者は。
印象って怖いですね。

で、よくよく読んでみると、ベトナムのお国事情が見え隠れしています。

背景には、ベトナム特有の物流事情がある。ベトナムの物流業者は、配車計画や物流に関するデータ管理など、ほぼすべての作業を手作業で行っており、日系企業は配送実績の結果を受けるのみで、自ら率先して改善に取り組むのが難しいという。

ベトナムの物流業者のほぼすべての作業が手作業とのこと。
いや、ベトナム的にそれで良いならいいんですよ。
でも日本の物流の、効率化とか進捗確認とか、あと多分トレーサビリティとか、
手作業ではその辺の話に耐えられない、だからシステム化、ということですね。

で、スケールメリットも出していきたいから日系企業の共同システムとして構築するんですね。
富士通さんとエースコックさんは、この物流システムの利用企業から利用料を取るんですと。
そして初期投資を回収してその後は…、という狙い。
うむうむ。

というわけで、殺伐とした昨今の世の中に、ほっこりしたニュースなのでした。
稼働した暁にはぜひ、フォーも運んでいただきたく。

やったぁ!ベースアップ1500円だぁ!(棒)

martaposemuckel / Pixabay

3月も中旬にさしかかり、だんだんと春めいてまいりました。
春といえば、もちろん春闘です。
労働組合です。
労使交渉です。
闘争です。

そんななか、電機大手のベアも固まってまいりました。

電機大手、ベア1500円で調整 昨年回答は下回る

電機大手の春闘交渉は、賃金体系を底上げするベースアップ(ベア)について、月額1500円を軸に最終調整に入った。
(中略)
ベアの水準は、日立製作所パナソニック富士通NEC三菱電機の経営側と、電機連合が統一交渉して決める。

この話、この業界にいない人たちにとってはさっぱり分からないでしょうね。
ちょっと簡単に説明しましょう。

まず労働組合、これは、企業の従業員からなる組織です。
企業の言いなりになっていたら搾取されるから、組織を作って雇用を守っていこうぜ、という団体です。
企業内の組織ではありません。
労働組合は、賃上げ交渉とか、場合によってはストライキとか、やります。
企業にとってしてみれば鬱陶しいでしょうね。
ストライキで仕事止められちゃかなわんですからね。

で、大手企業ともなれば従業員もたくさんいますから、労働組合もそれなりに大きくなります。
んで、さらに企業の労働組合を束ねたものが連合で、電機業界の連合が電機連合なわけです。
スゲーパワーありそう!

そんな労働組合が、定期的に賃上げや労働改善の交渉(闘争)していて、それが春にあるから春闘。
ベースアップというのは、
給料の基本給部分(ベース)と職能給部分の、基本給部分を上げる(アップ)というものです。
つまりこのニュース、電機業界の従業員の基本給が、月額1500円上がりそうですよというものです。

どうですか?
羨ましいと感じるでしょうか、そんな景気のいい話いまどき無ぇよと思うでしょうか。

個人的にはですね、まあ確かに大手企業らしい安定感のある話で羨ましいと思う反面、
素直に受け取っちゃいけないと思うわけです。
ぶっちゃけると、従業員の給料なんて、職能給でどうとでもなります。
毎年ベースアップしてるけどなんか給料増えへんなぁ…、と感じているあなた、
上手いこと騙されています。
企業だって無い袖は振れないわけです。至極当然の話です。

ではなぜ、労働組合があって、連合があって、春闘があって、ベースアップがあるのか?
なんでしょうね。
謎ですね。
ちょっと、闇が深そうですね。

うん、怖くなってきたので、今日はこの辺で…。

♪サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング♪が情報システムを売却

MasterTux / Pixabay

どうも、すっかりおっさんのコダマコジローです。
今回は懐かしいCMから行ってみましょう。

♪サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、日揮♪ by 所ジョージ

ということで、20年以上前のCMソングでも耳に残っているもんですね。
そんな日揮さん、情報システム子会社の日揮情報システムさんを富士通さんに売却、とのこと。

日揮が日揮情報システムを富士通に売却

今回の買収により富士通は日揮グループ向けのビジネスを拡大するほか、J-SYSが得意とする建設や設備保全管理などの事業を強化したい考えだ。J-SYSは富士通傘下に入ることで、「外販の強化につながる」(J-SYS広報担当者)としている。

こうやって少しずつ業界再編がされていくわけですね。
はい、ええ、正直言って、CMソングを思い出したから書いた記事ですスイマセン。