サイボウズ vs SIer

hbieser / Pixabay

先日、サイボウズが2015年12月期の決算発表を行いました。
サイボウズ、創業以来初の”赤字” – 「ちゃんと赤字になった」と余裕の青野社長

2015年の同社の売上高は70億1300万円(前年比17.6%増)、営業利益は-3億8100万円、経常利益は-3億3800万円、当期純利益は-2億1700万円となり、「創業以来初の赤字となった」と、同社代表取締役社長の青野慶久氏はコメントした。とは言え、もともと2015年の業績予想は、営業利益・経常利益・当期純利益が-8億円と赤字設定されていた。

「よーしパパ今年は投資しちゃうぞー」と言っていて、
「思ったより赤にならなかったわー」ということですね。
まあこの辺は、目標設定の塩梅の上手さというか、落とし所のコントロールの上手さというか、
まあその、投資できて良かったですね。

本題(?)はその後です。
青野社長は、サイボウズのサービス「kintone」で「日本の多重下請け構造の変革」に挑みたいとのこと。

同サービスは、プログラミングすることなく、業務に必要なアプリがつくれるクラウドサービスとなっている。これにより、従来のシステム開発工程で必要とされてきた、仕様書作成やハード・ソフトの手配などを省いて、すぐ開発に着手できるものとなっている。

ナヌ、仕様書つまり設計書を書かなくてもよいですと!?

従来、システムを開発する際は、大手SIerが受注し、下請け企業に仕事が流されてきた。これにより、下請け企業は費用や環境などが厳しい状況で、仕事が続けられてきた。

という話を10年以上前にも聞いたような気がするんですが、
なんでしょう、状況は変わっていないということですかね。

「これはまさに日本のIT業界の大きな問題。しかし、皆問題だと思っているのに、誰も解決できずにきた。これをわれわれは技術で解決したい。これまでプロセスをふまないとつくれなかったようなものを、お客さんと話しながらつくって、すぐ使ってもらい、気に入らなければ直していく、これをぐるぐるまわしていくプロセスに変えていけたら、多重下請けがなくなる時代をつくれるのではないだろうか」(青野氏)

ちょっとあの、ウォーターフォール開発とかスパイラル開発とかの話と、
多重下請けの話がごっちゃになっていませんか。

青野社長が本当にそう言ったのか、記事が間違えているのかよく分かりませんが、
多分ですね、大手SIerが得意とするウォーターフォール開発ワールドと、
サイボウズが標榜するスパイラル開発ワールドは、幸か不幸か競合しないです。
青野社長はそのへんを理解しつつ、ポジショントークしているのではないでしょうか。
なんせ社長だし。

ちなみにサイボウズの「kintone」、なかなかステキですよ。
kintone – サイボウズのビジネスアプリ作成プラットフォーム
気になる方はぜひ。

東芝「わたしの赤字は710000000000です」

AdinaVoicu / Pixabay

「ですがもちろんフルパワーであなたと闘う気はありませんからご心配なく…」

東芝:今期純損失予想を過去最大の7100億円に修正、リストラ拡大

不正会計問題からの立て直しを進める東芝は4日、今期(2016年3月期)連結純損益見通しを7100億円の赤字とし、昨年12月に発表した前回予想5500億円の赤字から下方修正した。各事業部門でリストラをさらに進め、過去最大の損失を見込む。

オシッコちびりそうになりましたよ。
7100億円の赤字。
あのね、7100円置くんとちゃうんですよ。(古典)

東芝の不正会計の内容については、こちらが詳しいです。
東芝の不正会計、半導体で行われていたこと

うーん…、ちょっと難しいですね…。

そんな貴方にオススメの本はこちら!(強引)

そんな難しい話は分かりたくない、そんな貴方にはこちら!(フリーザ様の名セリフ含む)

助けてくれないかなぁホンハイ…。(無理げ)

【日本通信】「VAIO Phone」とかいうロースペスマホを売った結果【赤字転落】

mintchipdesigns / Pixabay

「VAIO Phone」というすごくソソられるスマホが、2015年3月にリリースされました。
あの、(元)ソニーのVAIOブランドですよ。
今はどうなっているか確認しないと分からないですけども、とにかくVAIOです。○ってもVAIOです。

しかし…。

VAIO Phone – Wikipedia

デザインや内部設計は、パナソニックによって開発されたELUGA U2とほとんど同じ仕様となっており、ELUGA U2のリブランド品の可能性についても指摘もされている。しかし、これについて日本通信側は「たまたまだと思う」と否定している。
またELUGA U2が約3万円(発表時点の為替レート)であるに比べ、VAIO Phoneが約5万円となっており、実質2万円ほど価格が上がっている。

スマホユーザー、特にVAIOとかが気になるユーザー層には、当時、音速で見抜かれていましたね。
リリース時点からコケてたという。これは痛いです。

そしてその結果がこれです。

日本通信、赤字転落へ 「VAIO Phone」在庫評価減も響く

格安SIMの競争激化などで売上高が落ち込む上、「VAIO Phone」を完売するために在庫の評価減を迫られたことなどが響く。

完売のための在庫の評価減、ということは、叩き売りするために値下げして、見込んでいた売上、利益が得られなくなって、コストオーバーで赤字が出ちゃったってことですかね。
痛い、痛いです。
自社だけでなく、VAIOブランドの評価も下げてしまったのではないでしょうか。

これがほら、ディズニースマホとかだったら、もうちょっと騙せる気に入ってもらえるユーザー層だったんじゃないですかね。
まあ、想像ですけどね。

ちなみに、日本通信の平均年収は613万円、大変だとは思いますが、応援しております。

★追伸★
VAIO Phone、Amazonでの評価は何やら良いですね。これってもしかして、不遇のスマホなのでは…。