水素水なんて早く止めた方がいいって【企業視点】

bella67 / Pixabay

痛い水素水

バカ売れの水素水生成器、「健康効果なし」と国が警告…商品を医師も推奨コメント | ビジネスジャーナル

昨今のヘルスケアブームに乗り、水道水から水素水をつくることのできる機械がバカ売れしている。どのような仕組みか説明すると、機械の中で水道水を電気分解して水素を発生させることで、老化やさまざまな病気の根源とされている活性酸素の一種であるヒドロキシラジカルという物質を抑制する水ができるというものだ。

今話題の水素水ね。
気になったので少しググってみましたけどね。
アレは痛いね。
どう痛いのか、ちょっと書いてみますね。

悪魔の証明

水素水の推進派は、まーいろんな効果を謳っているわけです。
悪い活性酸素を減らしてくれるから?
老化防止?
美肌効果?
云々かんぬん…。

その理由付けとして、権威のある人が効果があると言っていた、
効果がないとは言えない、まだ解明されていない、
今まさに研究中、などなど言っているわけです。
これがすなわち、水素水の反対派への反論でもあるわけです。

これの何が厄介なのかというと、悪魔の証明をせよ、と言っているんですね。
水素水に効果がないことを証明せよ、ってね。

相手はほぼ水ですよ。
ほっといたらどんどん水素が抜けていくとかいう、ほぼ水。
十中八九、ただの水。

水なんて無害で、飲みようにもよるけどだいたい健康的。
生命活動を維持するのに必要ですからね。
水中毒になるくらい飲んで初めて悪ですよ。
もしくは溺れるとかね。

売り手の理論、買い手の理論

推進派は、まあ真面目な人もいるかもしれないけど、
ぶっちゃけ、スゲー利益率でウハウハなワケです。
なんせほぼ水ですから。
別に山奥から汲んでくる必要もないし。
批判に対して防御力の高い「水」を神輿に担いでね。
これは止められないよね。

一方、買う方の心理は、飲むだけで健康とか、
いつもの楽したい理論につけこまれているワケです。
ダイエットしかり、美容しかり、英会話しかり、壺しかり。
飲むだけでOK、聞くだけでOK、買うだけでOK。
努力なくして物事は成せないのに、飲むだけで健康みたいな話に乗せられちゃって。

しかもそのブツが水ですよ。悪くなりようがないですよ。
水中毒になるくらい飲むか、溺れるかしない限り。

そんな、売り手と買い手の堕落メリットの一致により、成り立っているのが水素水。
なんだこりゃですよ。

物売るっていうレベル

もうちょっとね、モノ売って商売するなら、
顧客に対してインプットとアウトプットが明確なモノにしないと、
改善や効率化がやりにくくて、企業が中から腐っていくワケです。

例えば水素水と醤油を比べてください。
醤油の方がハッキリしてるでしょ、効果が。
醤油を大さじ一杯、飲んでみてくださいよ。ヤバイですよ塩辛くて。
対して水素水。どんだけ飲んだら効果出るのって話。

「よく分からないけど、売れるからこんな感じで作って売っとくか」
では、状況が変化した時に一気に総崩れですよ。足腰が弱い。粘りもない。
マイナスイオンしかり、プラズマクラスターイオンしかり、黒船が来たらパアですよ。
なんだこりゃですよ。

もうちょっと言うと、短期で儲けて潰す前提の企業ならまだいいですよ。
いや良くはないんですけど、少なくとも経営者は、ブツの本質を知っている。
ブームに乗って早々に売り抜けるのが吉、と。
長く商売する品ではないと。

しかし、ゴーイングコンサーンな、継続企業はやっちゃダメです。
自社のリソースの使いどころを間違っている。
ひどいもんですよ。
大した効能もないのに、研究施設で研究してるとか、国の認可がどうとか、
売れちゃったら今度は理由付けの為にまたリソース割いたりして。
継続企業は一発屋ではいられないんだから。

そんな堕落ビジネスも、悲しいもので、儲かっちゃうとつい手を出してしまう。
いけませんね。
自戒ですね。
「君、明日から水素水事業部に異動だから」と言われたら、
転職を考えたほうがいいですね。

備考

還元水素水生成器/アルカリイオン整水器/浄水器 | Panasonic
コナミスポーツクラブ|水素水会員

退職エントリがNGである、たった一つの理由

LincolnGroup / Pixabay

当ブログも、ついに「たった一つの理由」記事を書くに至りました。
以前から書いてみたかったんですよね、このノリ。

本題

さて本題です。
富士通退職エントリまとめを書いていて、これはなにか違和感がある、
退職エントリってやっぱ何かがNGだよなと考えておりました。
そしてそれが何なのか、ついに分かりました。

端的に言います。
NGである理由。

「本来、当事者間のデリケートな話題である退職・転職の内容を、
相手の了承を得ずに一方的に公開しているから」

分かりますか、このリスク。
分かる人はここで手汗が出てくると思います。
ちょっと補足しましょうか。

補足1:ルール違反

まずですね、大人はこんなことやっちゃいけないんですよ。

退職するにあたり、もちろん従業員側の言い分があるのは分かります。
しかし、会社側の言い分もあって、それらは往々にしてどちらも正しい。

従業員側は、「希望の仕事に就かせてくれない上に、上層部の頭の硬さにはウンザリ」
と感じたとしましょう。

一方で会社側は、「ロクな成果も出せないくせに、言うことだけは一丁前の扱いづらい人材」
と感じたとします。

立場や視点が違うので、全く異なる評価が同時に成立することもあるのです。

なので普通は、「今回はご縁がなかったということで」と結論付けるのが妥当なやり方。
それを片方だけの意見で、インターネット上に公開しちゃイカンでしょう。

転職先だって同様です。

従業員側は「○○がやりたいです」、
会社側は「○○がやりたいと聞いているけど、まずは□□からやってもらおうか」、
みたいな、思惑の微妙な違いがあるかもしれない。

なのに早々に「○○やりま〜す」とインターネット上で公開しちゃう。
本当にその通りだったとしても、ちょっと危なっかしいですよね。

つまり両方とも、相手のある話なのに一方的に他所で話しちゃう、ここがルール違反です。

補足2:ルール違反による信用低下

補足1の続きですが、
「あーこの人はデリケートな話も一方的に喋っちゃうような人なんだー」と思われてしまいます。

誰にか、というと、インターネット上で退職エントリを見た人々、会社、ほぼ全てに、です。

非常に痛々しいですね。

こんな人と機密を共有できるかというと、できないですね。
親切丁寧に接していたつもりなのに「教えてくれたことは無意味」とか公言された日には、
たまったもんじゃないですね。

こんな大きな信用低下を取ってまで退職エントリを書くのが見合うかというと、
とても見合わないです。
ごく普通の人にとってはね。

補足3:双方合意は不可能

当事者間のデリケートな内容であっても、双方合意した上で公表するなら、問題のない話です。
「○○について係争していたけど和解しました」とかね。

しかし、退職エントリは双方合意が不可能です。

理由は単純、退職する会社と、転職する会社の利害が相反するからです。
三者合意の上での退職エントリ?
ありえねー!

つまり、退職エントリと名の付くものは、一方的なルール違反ネタにしかなり得ないわけですね。

補足4:例外

ほとんどのケースでリスクにしかならない退職エントリですが、唯一例外があります。

それは、「出る杭は打たれるとか関係なし、俺は俺の道を行くぜ」系の方々。
リスクをものともしない、覚悟ができているわけですね。

そういう方々は、まあいいんじゃないでしょうか。
止めても言うこと聞かないだろうし。
大成するなり、野垂れ死ぬなりすればいいと思います。

結び

というわけで、退職エントリを冷静に見つめてみました。
決して、ノリで書いちゃいけないものだと、改めて感じました。

「流行ってるし俺もいっちょ書いてやるか」と軽く思っている方に、当記事を一度は見ていただきたい。
その上で判断していただきたいと感じる所存です。

【安定志向】労働組合のあるIT企業【電機連合】(全企業リンク付き)

skeeze / Pixabay

ITエンジニアとしての働き方はいろいろあって、
企業の従業員として働いたり、起業して社長になったり、個人事業主をやったり。
企業の従業員になる場合も、大企業から中小企業まで様々。
この辺は、人それぞれの好みで選んで良いと思います。

で、何が起こるか分からないハラハラドキドキコースが好きな人もいれば、
安定志向の安全コースが好きな人もいる。

んで、今回は後者のケース、安定志向派の皆さまに、アイデアとして一つ、挙げてみましょう。
結論から言いますと、
「電機連合に加盟している労働組合のあるIT企業への入社を狙う」です。

電機連合って何?

電機連合、正式名称を「全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会」といいます。

電機連合とは?:電機連合

電機連合は、電機・電子・情報関連産業およびその関連産業の労働組合を結集した組織であり、1953年の結成以来、半世紀の歴史を誇る、民間大手(組合員60万人)の産業別労働組合組織です。

電機業界の企業の労働組合を、さらにまとめた組織です。
その中に、一部のIT系の企業も含まれています。

労働組合のある企業?

労働組合は、従業員の団体です。
労務的にも賃金的にも妥当になるように企業側と交渉したりする、そんな団体です。
まあ、形だけの団体とか御用組合とか、アレとかコレとかいろいろ言われていますが、
無いよりはあった方が安全ではあります。

労働組合が無い場合、企業と交渉するのは従業員個人です。
守ってくれるのは労働基準法、な訳ですが、なんかほぼ親告罪みたいなもんで、
企業から不当な扱いを受けた場合、一人で真っ向勝負しないといけません。
裁判したり弁護士を付けたり、お金も時間もかかります。
仮に勝ったとしても、同じ企業に居続けるのか転職するのか…。
いずれにしても、スゲー勢いでパワーを食うわけです。

ここでもし労働組合があれば、団体で企業と戦える。
体制的にもノウハウ的にも、個人に比べれば雲泥の差です。

というわけで、安定志向派には、労働組合の有無はなにげに重要なポイントであります。

電機連合に加盟している労働組合?

労働組合にもピンキリあります。
相談には乗ってくれるけど力は無く動いてくれない、というような弱小労組もあるでしょう。

じゃあ、ピンの労働組合って何、と考えると、
一つの基準として、電機連合に加盟している組合、というのはアリな考え方です。
電機連合に加盟しているということは、それなりに組合活動しているということです。
対企業という意味でも、バックに連合が付いているか否かで、影響力が違うでしょう。

というわけで、結論として、安定志向なら、
「電機連合に加盟している労働組合のあるIT企業への入社を狙う」
なわけです。

電機連合に加盟している労働組合のあるIT企業

というわけで、電機連合に加盟している労働組合のあるIT企業、
リストアップしますよ。
参考:直加盟組合一覧:電機連合

No. 分類 企業
1 総合 日立製作所東芝三菱電機富士電機ルネサスエレクトロニクス
2 家電 パナソニックシャープ岩崎電気船井電機日本電産テクノモータ
日本電熱三井倉庫ロジスティクスハイアールアジアザクティ
3 音響 パイオニアヤマハJVCケンウッドオンキヨーティアック
キングレコードワーナー・ミュージックソニー
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンユニバーサルミュージック
テクノワークキュー・テック
4 通信 富士通NECOKIオムロンコニカミノルタ日本無線岩通
アドバンテスト新日本無線古野電気日本信号長野日本無線
サクサ佐賀エレクトロニックス新興製作所上田日本無線
ジェイ・アール・シー特機NJR福岡神田通信機グラフテック
エー・アンド・デイ東洋計器大倉電気テクシオ日本電波
三和エレクトロニクス日新電子工業光電製作所光音電波
ファナック日本精密測器
5 情報 SCSKメイテックトランスコスモスアルプス技研さくらケーシーエス
東和システム中央コンピューターセゾン情報システムズ明電システムソリューション
大和ソフトウェアリサーチキーウェアソリューションズ愛媛電算
アウトソーシングUTエイム宮城ウイルテックヒラテ技研
ベイキューブシーコネクシオトランスコスモスシー・アール・エム沖縄
OSセミテック

まあその、IT企業ちゃいますがな、というのも多々ありますが、そこはご愛嬌…。

まとめ

というわけで、我こそは安定志向、という皆さま、ぜひご参考ください。
ハラハラドキドキじゃないと嫌だ、という皆さまには眠たい話なので、無視してください。

ちなみに、いくら労働組合があっても、
企業ごと傾いたり事業単位で切売りされたりホンハイに買収されたりする場合もありますので、
その点はご注意くださいませ。

転職理由ランキングから考える転職リスク【ITエンジニア編】

Simon / Pixabay

ITエンジニアなら、誰でも一度は考えてみる転職ですが、
DODAさんがその転職理由をランキングにしてくれています。
職種別の転職理由ランキング<2015年上半期> |転職ならDODA(デューダ)

順位 転職理由 割合
1位 ほかにやりたい仕事がある 14.0%
2位 会社の将来性が不安 10.2%
3位 専門知識・技術力を習得したい 7.9%
4位 給与に不満がある 7.9%
5位 残業が多い/休日が少ない 5.1%
6位 市場価値を上げたい 4.5%
7位 幅広い経験・知識を積みたい 4.0%
8位 U・Iターンしたい 3.2%
9位 会社の評価方法に不満がある 2.6%
10位 雇用形態を変えたい 1.8%

まあ皆さん、いろいろな悩みを解決するために、転職を試みるわけですね。

ただ、ここでちょっと考えを深めていただきたいのです。
転職理由について、転職により確実に解決できるものと、解決できるかどうか不確定なものがあります。
今一度、転職理由ランキングを見てみましょう。

順位 転職理由 解決できる?
1位 ほかにやりたい仕事がある
2位 会社の将来性が不安
3位 専門知識・技術力を習得したい
4位 給与に不満がある
5位 残業が多い/休日が少ない
6位 市場価値を上げたい
7位 幅広い経験・知識を積みたい
8位 U・Iターンしたい
9位 会社の評価方法に不満がある
10位 雇用形態を変えたい

「◎印」「○印」のものは、転職先の会社、仕事をきちんと調べれば、まあまず解決できます。
これは特に問題なし。
問題なのは「▲印」のもので、転職によって必ずしも解決しないものです。
それぞれ、リスクを考えてみましょう。

順位 転職理由 転職リスク
2位 会社の将来性が不安 ・転職先の業績が急に悪化する
・転職元の業績がなんか回復しちゃう
4位 給与に不満がある ・転職先の業績が悪化して給与ダウン
6位 市場価値を上げたい ・技術のコモディティ化により市場価値上がらず
9位 会社の評価方法に不満がある ・転職先で人間関係が上手くいかず評価ダウン

別に転職志望に水を差すわけじゃないですけど、こういったリスクを想定していますか?ということです。
もっと言えば、自分のコントロールできないところに転職理由を求めると、
転職しようがしまいが不確定ですよということです。
なんせ、コントロールできませんからね。

というわけで、転職を考える皆さんは、今一度、上記のことを考えてみてください。

「いやでも、考えても考えても悩んじゃって、よく分からないんですよ…(涙)」という方は、
素直にDODAさん↓に相談してみましょう。

ITエンジニアの転職に手厚いサポート! マイナビエージェントを使い倒す

Nappiness / Pixabay

今よりもより良いIT企業に転職したい。ITエンジニアならときどき考えることです。

そして、いざ転職活動をしよう、となったら、活用するのが人材紹介サービスです。
ITエンジニアとIT企業をマッチングしてくれるわけですね。
転職はいろいろと不安があるもの。誰かに助けてもらえれば、勇気も出てきます。

で、今回紹介する人材紹介サービスは、「マイナビエージェント」です。

なぜマイナビエージェントか?

マイナビエージェントの良い所を、3つ挙げてみましょう。

  1. メジャーどころである
  2. IT系の求人が多く、有名企業も多い
  3. IT業界専任のキャリアコンサルタントがいる

1点目、メジャーどころであるということ。
これは、「人材紹介サービス」というキーワードでググれば明らかです。
2015/3現在、Google検索結果が1位です。それ以上語る必要はありません。

2点目、IT系の求人が多く、有名企業が多いということ。
マイナビエージェントのサイトを見ると、IT系の求人が多いことが随所に現れています。
また、紹介先企業もNTTデータ、サイバーエージェント、DeNA、NEC、
フューチャーアーキテクト、楽天、などなど、
IT系の有名企業が名を連ねているのがわかります。

3点目、IT業界専任のキャリアコンサルタントがいるということ。
これは後述しますが、その分野に特化したコンサルタントなので、
いろいろと頼りになるでしょう。

まあ、無難といえば無難かもしれませんが、安心感はありますよね。

公開求人を検索してみよう!

では、どんな求人があるのか?
公開求人を検索してみましょう。
検索結果一覧:IT/インターネット/通信

公開求人が約1000件、非公開求人が約5000件です。
非公開求人は、マイナビエージェントに登録すれば参照できます。
上の検索結果はIT業界のいろんな仕事がごっちゃになっているので、
以下の検索画面で、職種や勤務地、希望年収を指定して検索してみましょう。
公開求人検索

いかがでしょうか?
IT業界の求人って、結構あるものですね。

頼りになるキャリアコンサルタント達

先ほど少し触れましたが、マイナビエージェントには、
IT業界専任のキャリアコンサルタントがいます。
IT・WEBエンジニア専任キャリアコンサルタント

どうでしょう。
担当者の顔が見えるというのは、フレンドリーさや安心感があります。
各担当者の経歴とメッセージを見てみてください。
皆さん、いいこと言ってますよ…。
この方に担当してもらいたい、なんて思ってみたりした方もいるのでは。

転職のノウハウも教えてくれる

マイナビエージェントには、転職のコツについて解説したページがあります。
転職成功ノウハウ

転職活動のはじめ方から、履歴書、職務経歴書の書き方、
面接対策、円満退社まで。
まあ、ごく普通の内容かな〜、と思いきや、職務経歴書の書き方などは、
各業界、各職務ごとにかなり具体的なことが解説されていて、面白いですよ。
職務経歴書の書き方

この辺は、さすが餅は餅屋といったところですね。

IT業界の転職動向

転職する前に、IT業界の転職状況をチェックしてみるのもいいかもしれません。
転職市場レポート – IT業界

自分のやりたい仕事の状況を知るのもいい事ですし、
思い切って、景気のいい仕事を選んでみる、というのもありかもです。

転職相談会に行ってみる

転職を考えるにあたって、何かモヤモヤする…、ということであれば、
転職相談会に行ってみるのが良いでしょう。
転職相談会

やはり、人の話を直接聞いてみること、これが実感を掴む良い方法です。
また、転職相談会の参加者と会話してみて、刺激を受けるのもいいでしょう。
三現主義、ではないですが、迷ったらアクションするのが一番です。

登録は至極簡単

というわけで、長々と紹介してきましたマイナビエージェント。
サイトを眺めるだけなら登録不要ですが、非公開求人の参照や、
転職相談会に参加するためには、登録が必要です。
ま、数分で終わるんですけどね。
無料転職支援サービスへ申込む

無料であれば、ものは試しに、と登録できるので気が楽ですね。

まとめ

いかがでしたか?
マイナビエージェントが、ITエンジニアの転職やキャリアを、
いかに真面目に、真摯に捉えているか、理解できたと思います。
オススメの人材紹介サービスですよ。