SI業界総合ランキング 2017年度版(全企業リンク付き)

隣の芝生は青い、なんて言ったりしますけどね。
でも、いいんじゃないですかね、青く見えたって。
その気持ちを向上心に変えて、強く前に進んでいく、そう捉えられれば。

というわけで、2017年度版のSI/IT企業のランキングです。
相変わらず2chで見かけたものをベースにしています。ご丁寧にも大学名付き。
2016年度版と見比べてみるのも面白いかも。

まあ、2chの情報なので、信じすぎにご注意を…。

2017年SI系IT企業総合ランキング

No. ランク 企業
1 A+ 【ハーバードクラス】
OracleCiscoSAP
2 A 【東大クラス】
NTTデータ日立製作所
3 A- 【京大クラス】
日本IBMNTTコミュニケーションズ野村総研(NRI)富士通
4 B+ 【東工大・一橋大クラス】
アクセンチュアNEC日本HP
5 B 【地方帝大・早慶上位クラス】
新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)電通国際情報サービス(ISID)みずほ情報総研(MHIR)
日本総研(JRI)大和総研(DIR)
6 B- 【国立中堅・早慶中位クラス】
三菱UFJインフォメーションテクノロジー(MUIT)ニッセイ情報テクノロジー
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)NTTコムウェア日本ユニシス
7 C+ 【国立下位・早慶下位クラス】
アビームコンサルティングJSOLJR東日本情報システム(JEIS)
日立システムズ(HISYS)日立ソリューションズ(HISOL)農中情報システム
8 C 【マーチ上位クラス】
NECソリューションイノベータSCSK東洋ビジネスエンジニアリングフコク情報システム(FIS)
9 C- 【マーチ中位クラス】
TISオージス総研富士通エフサスシンプレクス
タタコンサルタンシーサービシズ東京海上日動システムズ
10 D+ 【マーチ下位クラス】
オービック三菱UFJトラストシステム三菱総研DCS兼松エレクトロニクス都築電気
日興システムソリューションズキャノンITソリューションズ
11 D 【ニッコマ上位クラス】
SOMPOシステムズインフォコムセゾン情報システムズ日商エレクトロニクス
コベルコシステムIIJネットワンシステムズパナソニックインフォメーションシステムズ
菱化システムJRシステム富士通システムズイースト東芝ソリューション富士通FIP
12 D- 【ニッコマ中位クラス】
ユニアデックスNECネッツエスアイ日立産業制御ソリューションズ
三菱電機インフォメーションシステムズMS&ADシステムズNTTソフトウェア
NTTアドバンステクノロジJFEシステムズテクマトリックス三井情報第一生命情報システム
ソニーグローバルソリューションズワークスアプリケーションズ

2016年度版と比べて、多少の上下はあるものの、大勢に変化なし、です。
あと、E+ランク以下がバッサリ削られているので、ちょっと情報が少ないかな。

ちなみに、他の業界も含めて、いろんな業界の全体を俯瞰したい方には、業界地図本がオススメですよ。
お好きな方をどうぞ〜。


お久しぶりです ~ AWSからmixhostに移行 ~

どうも皆様、お久しぶりでございます。
IT企業ランキングのコダマコジローです。
久しぶりに、当サイトの移行、メンテナンスなどしておりました。

当サイトは、今まではAmazon Web Services、略してAWS上に仮想サーバを立てて構築しておりましたが、
その仮想サーバのメンテナンスが面倒になってきたのと、無料期間がそろそろ終わりに近づいてきたことを理由に、
レンタルサーバのmixihostに移行しました。

AWSは泣く子も黙るAmazonさんのサービスで、安心感のある素晴らしいサービスです。
しかし、サイトを動かすOSやミドルウェアの管理や更新は利用者である僕の手にかかっています。
つまり、僕のスキルや作業できる時間にかかってくるわけで、ちょっとしんどくなったんです。

なので、レンタルサーバのサービスを選ぶことにしました。

レンタルサーバのサービスはかなり昔からあって、多種多様なんですけども、
どれもイマイチだったんですよ。
妙に遅いとか、妙に遅いとか、あと妙に遅いとか…。

その不満を払拭してくれたのが、我らがmixhostさんです。
特徴は以下の通り。

  • ストレージがSSDで高速
  • LiteSpeedやPHP7、MariaDBなどの新しくて高速なミドルウェア
  • 独自ドメインやデータベースやメールアドレスが無制限に使える(容量の許す限り)
  • サーバのバックアップが無料
  • なのに料金が安め

これは選ばない理由がないでしょう。

弱点はただ一つ、サービス開始が2016年4月でまだまだ日が浅く、運用とかまだこなれてないかも…、
というところ。
ただね、管理機能とか見ていると、ポッと出の人が作ったというよりは、
業界の経験者が理想郷を立ち上げた、というイメージなので、まあ、大丈夫かなと思うんですよね。
運営会社の「アズポケット株式会社」さん、応援しておりますので!

移行については、まあ、サイトのスクリプトとか少しいじりましたけども、
大きなトラブルもなく、割と短時間で移行できて良かったです。
昔はだいたい文字コードが適合せずに文字化けに苦しんだりしたもんですが、
その辺もいろいろ整備されてきた昨今、良い時代になったものです。

というわけで、更新が9ヵ月くらい止まっていた当サイトですが、
サイト移行で心機一転、また、ちょぼちょぼ更新、運営していこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

ICT48を成功させるたった一つのやり口

nikolapeskova / Pixabay

ICTビジネス研究会がやらかす

まあ、ピュアで真面目なおっさん達が、気持ちやり過ぎちゃって、
叩かれてる感はあります。
ICT48ね。

↓これがね。

ASCII.jp:集え「ICT48」、ICTで活動する女性を募集

ICTビジネス研究会(一般社団法人テレコムサービス協会)は6月9日、「ICT女子プロジェクト」を開始した。
同プロジェクトは、全国各地でICTを用いて活動する女性(ICT女子)を発掘し、一層の活躍の場を提供するもの。具体的には、ICT女子と企業・団体の交流を深め、女性ならではのアイデアで新ビジネス・サービスを創造することでICT利活用を推進する。さらに、これらの取り組みを積極的に情報発信することで、社会全体の女性たちの存在感を高め、IT業界へ就業する若手女性の増加を目指す。

↓このありさま。

【追記あり】総務省がICT分野での女性活躍支援の「ICT女子プロジェクト」を盛り上げる「ICT48」を「13歳~24歳に限り通信・交通費は自腹」で募集 | BUZZAP!(バザップ!)

総務省はICT(情報通信技術)分野において女性活躍を支援する「ICT女子プロジェクト」を指導することを6月9日付けのツイッターで発信。その際に、このプロジェクトを盛り上げる48人の女子、その名も「ICT48」を募集することをぶち上げ、当然のごとく批判に晒されています。

よくこんな負け戦企画が通ったなと不思議でなりませんが、
会議室で議論が煮詰まりすぎちゃって、
何やってるかよく分からなくなったんでしょうね。

ICTビジネス研究会」もなんだかよく分からない団体ですが、
すごく総務省感というか、税金の臭いがするというか、まあ、うん。

ICT48の意図

ICT女子とか言って、華やかさを出して、
ICT業界を盛り上げたかったという意図は分かる。
盛り上げたかった=儲けたかった、というのも分かる。
いいんじゃないでしょうか、ビジネスですから、儲かれば。

でもね、それをお役所がやっちゃダメでしょう、という話。
男女平等、機会均等、老若男女、労使協定、世界平和、
そういう立ち位置を求められるのがお役所。

そのお役所がさあ、アイドル募集って、違うよね。
音速で「女性の商品化か!」って叩かれるよね。
なんで気付けないかなぁICTビジネス研究会。

ICT48を成功させるには

で、ICT48を成功させるには、餅は餅屋ということで、
秋元康氏にやってもらうのがベストだった。
理由は以下。

  • 研究生やらなんやらでメンバーの持ち駒は無数。募集の必要なし。
  • 「ああまた秋元がなんかやってるわ」程度の注目度で目立たない。
  • ビジネスにならないと判断されれば音速で解散。
  • むしろ最初は期間限定のユニットにするとか、自由自在。
  • 秋元康氏のやってることであり、総務省への悪影響は全くなし。

もちろん、総務省は秋元康氏にお金を渡しすぎてはいけませんよ。
会場を提供する程度のスポンサー具合で。

でね、ICT48のメンバーが、ICT現場(おっさん度高し)を訪問して、
キャッキャウフフしてりゃ良かったんですよ。
それでいいじゃないですか。
解決解決。

本当は言いたいこと

いやね、本当はね、言いたいことはこんなことじゃないんですよ。
ICTでの女性活用とか、そもそもの考え方が間違っている。

ICT仕事があるとして、必要なのは仕事内容と報酬の提示だけですよ。
割に合えば人が集まり、割に合わなければ人が集まらない。
男性か女性か、高齢者か外国人か、なんて全く関係ない。

人が集まらなければ、割に合う仕事を提示すればいい。
いかに割に合う仕事を生み出すか、を議論すればいい。

そこをね、割に合わない仕事で人が集まらないからってね、
やれ女性だ、高齢者だ、外国人だってね、話の順序がおかしいですよ。

そんなICT業界は、人材不足の品質低下で滅びればいいと思います。

ITとICTを間違えると東京湾に浮かぶことになる

loredanacan / Pixabay

システムエンジニアの皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

先日、ICT48とかいう面白ネタが炎上しているのを見かけました。
これはこれで面白いので記事にしてみようと思いますが、
そもそも皆さん、ICTって何のことだか理解していますか?
ITじゃなくてICTですよ。

これ、間違えるとちょっとその、ヤバイんで、ちゃんと説明しておきますね。
表形式で分かりやすく。

No. 項目 IT ICT
1 読み方 アイティ アイシーティ
2 英語 Information Technology Information and Comunicaion Technology
3 日本語 情報技術 情報通信技術
4 意味 情報処理の技術の総称 ITに「通信」を含める場合の呼称
5 所管する省庁 経済産業省 総務省
6 所管する省庁
(英語)
Ministry of Economy, Trade and Industry Ministry of Internal Affairs and Communications

分かりましたか?
分かりましたよね?
表の文字の色を変えといたんで。

通信事業は総務省さんの縄張りなんで。
「意味一緒やん(笑)」とか言っちゃダメですよ。

部下の新人システムエンジニアが、総務省さん系のお仕事の資料で、
「IT」って書き間違えたりしないよう、ちゃんと教えてくださいね。
良くて出入り禁止、悪くて…。

まあちょっとその…、いやいや、常識ですよね常識。
大丈夫大丈夫。

はい論破(笑)経済産業省の「IT人材不足が深刻化」論

Comfreak / Pixabay

IT人材が不足するぞ〜!

経済産業省が何か言っているから、みんな聞いてみて〜。

IT人材不足が深刻化、2030年には78.9万人不足に 経済産業省調べ – ITmedia ビジネスオンライン

経済産業省は6月10日、国内IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を発表した。IT人材は現時点で17万人超が不足しており、今後人口減少に伴い深刻化すると予測。各国と比較して管理職クラスの割合や理系出身者が少ない傾向があり、年収も500万円前後に集中していることが分かった。

もういきなり突っ込みどころ満載ですが、我慢してもう少し読んでみると。

IT市場が高率で成長した場合、30年にはIT人材数が85.7万人なのに対し、不足数は78.9万人に上ると予測している。

ふむふむ。

米国やアジア各国と比べ、日本は管理職クラスの割合や、理系専攻出身者が少ない傾向がみられた。日本では約47%が一般社員だが、米国では9割近くが管理職。日本の理系出身者は約5割だが、インドでは8割超に上っているという。
また、各国のIT人材の年収比較調査でも、日本は年収500万円前後に回答者が集中している一方、米国では年収1000万円から2000万円の間に回答者が広く分布していることも分かった。

なるほどねぇ。
下らなすぎてヘソで茶が沸きますね。
ちょっと突っ込んでみましょうか。

IT人材が不足?

現代における需要と供給というものは、相当ダイレクトに動いています。
情報化社会ですからね。
需要がある、儲かると分かれば、ハゲタカのように企業が集まってきて価格が均衡し、
儲けられる期間も最初だけ、そんな時代です。

そんな状況においてね、人材が不足しているとか、ヌルい状況はありえない。
人材が不足しているのではなくて、その程度の需要しかない、が正解でしょう。

IT市場が高率で成長?

「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな」

日本のIT人材の年収が低い?

もうそろそろ現実に目を向けた方がいいと思うんですよね。
みんな本当は気づいているでしょう。
年収は、生み出す価値に比例しているって。

日本のIT人材と、米国のIT人材では、対象としている市場が違うでしょう。
日本国内と、英語圏またはグローバルな市場の、規模の差ですよ。
りんごとみかんを比べて、味が違うと言うような、当たり前の議論は止めましょう。

あと、年収の低い他国に言及しないのも、各国の物価を考慮していないのも、意図的。
議論を誘導しているように見えますね。

で、結局、何が言いたいの?

アレでしょ、IT人材が不足するから、その対策のための予算が欲しい、
って言っているだけでしょ、経済産業省が。

はー、こういう浅いレポートにも税金が使われているし、
全然、クリティカルシンキングじゃないし、金と時間の無駄ですよ。

より現実的な未来

IT業界については、クラウドとかのグローバルなサービスの拡大により、
ますます人手がかからなくなり、人手が余って年収は減少傾向。
て感じじゃないですかね。
世界を相手に仕事しないと、ちょっと厳しいッスね。

結論

頭の中でお花畑を描いていてもいいけれど、それは滅びへの道。
現実を見つめて変えていく、そう生きたいものです。

・・・おや!? ソフトバンクの ようすが・・・!

WikiImages / Pixabay

ソフトバンクが何やら進化し始めたようですよ!

ソフトバンクに大きな動き?保有株式売却で巨額資金を調達 – iPhone Mania

ソフトバンクはこのところ、保有株式の売却に積極的です。電子商取引大手アリババの株式売却額は、100億ドル(約1兆600億円)にも上る見通しで、6月に入ってから世間を騒がせています。
これに加えて、「パズル&ドラゴンズ」で著名なガンホーの株式についても保有している株式の9割となる730億円分を売却する見通しで、先のアリババとあわせると約1.1兆円の資金を得ることになります。

約1.1兆円!!!
高すぎて全く想像がつきません!
孫正義さんのやることは、いつもながら全然予想できません!

しかもあの、営業利益率が50%くらいあるガンホーを手放すんですよ。
つまり、そんなちょっとした利益でせこせこ稼ぐより、ガツンと乗り出す的な、
でかいことをやるわけですよ。
なにそれこわい!

ガンホーといえば、オワドラオワドラ言われながら、
未だにスマホアプリのトップセールスのランキング上位にいるパズドラを持っていて、
まあ次がなかなか来ないですけども、それでもめっちゃ頑張ってるんですよ。
そんな会社をぽーんと売っちゃう。
孫正義ステキ!

しかしこの1.1兆円を何に使うんでしょうね。
2020年の東京オリンピックの予算が1.8兆円とか言っているので、
これをバーンと買っちゃうんじゃないんですかね。値切って。

まあそんなことはないでしょうが、
ここ1、2ヶ月は目が離せない状況のソフトバンクさんでした。

キャズム超えも見えてきた、マネーフォワードの快進撃

WerbeFabrik / Pixabay

IT業界の皆さま、こんにちは。
今日も偉い人から「うちのFintechはどないなっとんのや!」と言われていますか?
いやはや面倒ですよね〜。

マネーフォワードのプレスリリース

そんなさなか、グイグイとビジネス拡大しているFintechがありました。
皆さんご存知、マネーフォワードさんです。
最近のプレスリリースを見てみましょうか。

No. 日付 プレスリリース 顧客
1 2016年03月25日 マネーフォワード、住信SBIネット銀行提供のAPIとの公式連携を開始 ~より利便性が高く、より強固なセキュリティレベルを実現~ 住信SBIネット銀行
2 2016年04月12日 マネーフォワード、静岡銀行のお客様に向けた『マネーフォワード for 静岡銀行』を提供開始 ~NTTデータのインターネットバンキングAPIを国内初導入の自動家計簿・資産管理サービスをリリース~ 静岡銀行
3 2016年05月09日 マネーフォワード、東海東京証券のお客様に向けた『マネーフォワード for 東海東京証券』を提供開始〜証券会社専用の自動家計簿・資産管理サービスを国内初リリース~ 東海東京証券
4 2016年05月16日 「マネーフォワードFintech研究所」にてコンサルティングサービスを開始~第一弾として、株式会社セブン銀行へ銀行APIに関するコンサルティングをスタート~ セブン銀行
5 2016年05月26日 マネーフォワード、北洋銀行との業務提携契約を締結 ~両社の協業により、道内の個人・法人のお客様に向けて新たなFintechサービスを展開~ 北洋銀行

分かりますか?
分かりますよね〜。

マネーフォワードのやり口

マネーフォワードって、基本は、Webスクレイピングのテクノロジーを使っているわけです。
つまり、利用者から、各種金融機関のWeb取引システムのIDとパスワードを預かって、
機械的にWeb取引システムにログイン、HTMLデータを解析して値を取り出し、
口座データとして蓄積、閲覧可能にするという仕組みです。

やり方としては、結構強引ですよね。

まず、利用者のIDとパスワードの管理。
しかも金融機関のですよ。
Twitterのアカウントとは違うんですよ。
重みが違う。
ヤバイです。
漏洩したら一発アウトですよ。
そのリスクをテイクしてくるマネーフォワード△!

次に金融機関のWeb取引システムへの機械的なアクセス。
基本的に、それらのシステムは人が利用する前提で作られていますから、
例えば高負荷掛けちゃったとかになると、金融機関からクレームがくるかもしれない。
嫌がられてブロックされるかもしれない。
そっと丁寧に扱わないとヤバイ。
そのリスクもテイクしてくる、フォワード△!

マネーフォワードが超えた壁

そんな、結構危なっかしいところにグイグイ突っ込んでくるフォワードさん、
ついに一部の金融機関から認められて、公に提携、プレスリリースし始めたんですよ。

しかも、提携した金融機関については、接続の安全性も高まります。
いろんな繋ぎ方があるんでしょうが、基本はAPI経由の接続になり、
IDパスワードではなく、トークンを使った認証になる模様。
つまり、マネーフォワードは利用者のIDパスワードを預かる必要がなくなるわけです。

これで先に挙げた2つのリスクを解消。スゲーよ!

この目論見が成功しているのは、
複数金融機関の口座の管理が、利用者にとって、どう頑張っても面倒だから、
その面倒さを解消するサービスにはニーズがあり商売できるはずだ、
とフォワードさんが理解しているからでしょうね。
スゴイですね。
信念ですね、フォワードさんの。

マネーフォワードのビジネス的には、今がちょうど着火し始めたあたりで、
経営の舵取りに失敗さえしなければ、大ヒットするでしょう。
他にも「MFクラウド会計」というネタも持っているし、なかなかやりますよ。

結論

Fintechだなんだ言っても、ビジネスの基本は、ニーズの発見とそれで商売する信念。
基本は変わらないんだなと感じさせる好事例なマネーフォワードさんなのでした。

水素水なんて早く止めた方がいいって【企業視点】

bella67 / Pixabay

痛い水素水

バカ売れの水素水生成器、「健康効果なし」と国が警告…商品を医師も推奨コメント | ビジネスジャーナル

昨今のヘルスケアブームに乗り、水道水から水素水をつくることのできる機械がバカ売れしている。どのような仕組みか説明すると、機械の中で水道水を電気分解して水素を発生させることで、老化やさまざまな病気の根源とされている活性酸素の一種であるヒドロキシラジカルという物質を抑制する水ができるというものだ。

今話題の水素水ね。
気になったので少しググってみましたけどね。
アレは痛いね。
どう痛いのか、ちょっと書いてみますね。

悪魔の証明

水素水の推進派は、まーいろんな効果を謳っているわけです。
悪い活性酸素を減らしてくれるから?
老化防止?
美肌効果?
云々かんぬん…。

その理由付けとして、権威のある人が効果があると言っていた、
効果がないとは言えない、まだ解明されていない、
今まさに研究中、などなど言っているわけです。
これがすなわち、水素水の反対派への反論でもあるわけです。

これの何が厄介なのかというと、悪魔の証明をせよ、と言っているんですね。
水素水に効果がないことを証明せよ、ってね。

相手はほぼ水ですよ。
ほっといたらどんどん水素が抜けていくとかいう、ほぼ水。
十中八九、ただの水。

水なんて無害で、飲みようにもよるけどだいたい健康的。
生命活動を維持するのに必要ですからね。
水中毒になるくらい飲んで初めて悪ですよ。
もしくは溺れるとかね。

売り手の理論、買い手の理論

推進派は、まあ真面目な人もいるかもしれないけど、
ぶっちゃけ、スゲー利益率でウハウハなワケです。
なんせほぼ水ですから。
別に山奥から汲んでくる必要もないし。
批判に対して防御力の高い「水」を神輿に担いでね。
これは止められないよね。

一方、買う方の心理は、飲むだけで健康とか、
いつもの楽したい理論につけこまれているワケです。
ダイエットしかり、美容しかり、英会話しかり、壺しかり。
飲むだけでOK、聞くだけでOK、買うだけでOK。
努力なくして物事は成せないのに、飲むだけで健康みたいな話に乗せられちゃって。

しかもそのブツが水ですよ。悪くなりようがないですよ。
水中毒になるくらい飲むか、溺れるかしない限り。

そんな、売り手と買い手の堕落メリットの一致により、成り立っているのが水素水。
なんだこりゃですよ。

物売るっていうレベル

もうちょっとね、モノ売って商売するなら、
顧客に対してインプットとアウトプットが明確なモノにしないと、
改善や効率化がやりにくくて、企業が中から腐っていくワケです。

例えば水素水と醤油を比べてください。
醤油の方がハッキリしてるでしょ、効果が。
醤油を大さじ一杯、飲んでみてくださいよ。ヤバイですよ塩辛くて。
対して水素水。どんだけ飲んだら効果出るのって話。

「よく分からないけど、売れるからこんな感じで作って売っとくか」
では、状況が変化した時に一気に総崩れですよ。足腰が弱い。粘りもない。
マイナスイオンしかり、プラズマクラスターイオンしかり、黒船が来たらパアですよ。
なんだこりゃですよ。

もうちょっと言うと、短期で儲けて潰す前提の企業ならまだいいですよ。
いや良くはないんですけど、少なくとも経営者は、ブツの本質を知っている。
ブームに乗って早々に売り抜けるのが吉、と。
長く商売する品ではないと。

しかし、ゴーイングコンサーンな、継続企業はやっちゃダメです。
自社のリソースの使いどころを間違っている。
ひどいもんですよ。
大した効能もないのに、研究施設で研究してるとか、国の認可がどうとか、
売れちゃったら今度は理由付けの為にまたリソース割いたりして。
継続企業は一発屋ではいられないんだから。

そんな堕落ビジネスも、悲しいもので、儲かっちゃうとつい手を出してしまう。
いけませんね。
自戒ですね。
「君、明日から水素水事業部に異動だから」と言われたら、
転職を考えたほうがいいですね。

備考

還元水素水生成器/アルカリイオン整水器/浄水器 | Panasonic
コナミスポーツクラブ|水素水会員

シャープのロボホンの売り方を勝手に考える

Comfreak / Pixabay

ロボホン、発売直前

シャープのロボホンが、5月26日に発売されるとのこと。

ロボット、だけど電話。シャープの「ロボホン」発売日と価格が発表 : ギズモード・ジャパン

発売日は、2016年5月26日で、本体価格は19万8000円(税別)。プランとしては「ココロプラン」(必須・980円/月)+モバイル通信サービス(任意)+保守パック(任意)となっています。

シャープといえば、ホンハイに買収されて以降、リストラとかリストラとかリストラとか、
不穏なニュースしか流れてきませんが、そんな中でロボホン発売?
え、スマホがロボットに?
ちょっと何言ってるか分からない。

みたいな印象を持たれている方も多いと思います。
僕もそう思っていました。

この動画を見るまでは。

なんだろうこの既視感。
どっかでこういうやつ見たことあるよ。

ペット系ロボット玩具

たぶんこれは、ペット系ロボット玩具の類を狙っているんでしょうね。
なのでその類を簡単に纏めてみました。

No. 発売年 製品名 価格 会社
1 1996年 たまごっち 1,980円 バンダイ
2 1999年 ファービー 3,980円 トミー/Tiger Electronics
3 1999年 AIBO 250,000円 ソニー
4 2000年 プーチ 2,980円 セガトイズ
5 2002年 夢ねこ 6,980円 セガトイズ
6 2012年 スマートペット 6,500円前後 バンダイ
7 2016年 ロボホン 198,000円 シャープ

感覚的には、2000年前後でブームが来ているような気がします。
人って、何だかんだ偉そうなこと言って、結構コミュニケーション求めてるんですよね。
そこは素直に認めたいところ。

で、その後はおそらく、
高機能化していく携帯電話やスマホにコミュニケーションの時間を割くようになって、
ペット系ロボット玩具のブームも来ていないのではないかと思います。

2012年のスマートペットは、特に流行った気がしないですけど、
スマホとの融合からして、ロボホンに近い位置づけではないかと思い載せてみました。
あと、ロボ機能とか価格的には、AIBOの位置づけを狙っている気がします。

ロボホンは売れるか?

こんな歴史を踏まえつつ、ロボホンは売れるのか?

いやー、売れないでしょうね。
日本ではね。

まずね、ロボホンのプロモーションムービーをもう一度見てください。
「会社の自席でメール読み上げられたらたまんねぇよ」というのも気になりますが、
それはそれとして、このユーザーたちの雰囲気や背景。

富裕層ですね。
まちがいなく富裕層ですね。
いちいち部屋が広くて、家具もステキで、スペースもたっぷり。
家族構成や安定感もバッチリ。

いや単にそういうムービーを撮っただけなんでしょうけど、
つまりシャープは20万円近い玩具をこういう人たちに売りたいということです。
今の日本でも、富裕層な方々はそれなりにいるんでしょうが、
シャープがじゃんじゃん儲かるくらい売れるかというと疑問です。

あと気になるのはロボホンのホン、つまりスマホ部分。
スマホの普及率もどんどん高くなっている中で、
このスマホ部分が単体スマホと競合するのではないか。
つまりスマホ何台もいらないよ、ということです。

そうすると残ったロボ部分に20万だか払う気になるのか。
微妙な気がします。

ロボホンの売り方

どちらかというと、最初から海外展開を踏まえた機能を持たせておいて、
世界の富裕層にアプローチした方が良かったのではと思います。
国とか文化とかの影響も受けにくそうですし。

ロボホンは、発売時点では日本語しか喋れないし、通信も海外対応していないです。
この辺、ホンハイに買収されたタイミングの面もありますが、惜しいですね。

とりあえずシャープの中の人は、テリー・ゴウにロボホンを持たせて、
あのギラギラした満面の笑みでロボホンを高々と持ち上げる写真を撮って、
プレスリリースするのがいいと思います。
コラ画像でもいいので。

広域機関システムのSIerは、あの有名な…?

ronomore / Pixabay

電力自由化、システム障害中

皆さん、電力自由化、やってますか?

やってないですよね〜。
システム障害中ですもんね〜。

電力市場の自由化を推進する広域機関に、情報システムのトラブルが相次ぐ – スマートジャパン

4月1日に始まった電力の小売全面自由化に伴って、2つの重要な情報システムが稼働した。いずれも電力市場の改革を推進する「電力広域的運営推進機関」(略称:広域機関)が運営するシステムである。

そのうちの1つは電力の購入先を切り替えるための「スイッチング支援システム」で、自由化が始まる1カ月前の3月1日から動き出している。もう1つは全国各地の需給バランスを調整するための「広域機関システム」だが、4月1日の稼働予定日までに一部の機能の開発作業が完了しなかった(図1)。5月に入った現在も問題点を解消できておらず、自由化を促進する業務に影響が出ている。

上記の記事を読む限り、広域機関システムにはまだいくつか不具合があって、
目指していた全国レベルでの電力取引の短時間化はまだできないそうです。
そして不具合解消の目処は未公表…。

しんどいですね。中の人がね。

中の人のSIerさん

中の人のSIerさんは、ズバリ言ってしまうと日立製作所です。

ニュースリリース:2014年8月29日:日立

株式会社日立製作所(執行役社長兼COO:東原 敏昭/以下、日立)は、このたび、「電気事業法等の一部を改正する法律」に定められた、電力広域的運営推進機関(以下、広域機関)向け電力広域的運営推進機関システム(以下、広域機関システム)の提案募集において、提案採用者として決定されました。

この堂々として自信に満ち溢れたプレスリリース。
やったぞ、という印象。

受注当時は、ね…。

受注当時の裏事情

そして裏事情的な情報がこちら。

東芝、大型案件で想定外の失注 競争相手批判の悪あがき、過去の巨額違約金のトラウマ | ビジネスジャーナル

国内外で注目されていたコンピューターシステム商戦で異変が生じた。電力自由化の推進機関が使用するシステム開発をめぐり、有力視されていた東芝が脱落し、ダークホース的な存在であった日立製作所が受注に成功したのだ。
(中略)
入札には日本IBMやNTTデータなどの大手システム業者も参加したが、競争入札で実際に落札したのは日立だった。日立にはこれまで目立った官庁システムの落札事例がなかったため「産業界には衝撃が走った」(業界関係者)という。

東芝のトラウマってなんじゃらほい、と読み進めてみると。

「東芝は06年に特許庁のシステム開発を安値で受注したのですが、数回にわたってシステム設計をやり直し、結局、完成できないまま12年に開発を中止し、開発費に利息を加えて60億円近く返納することになった苦い過去があるのです。最初の設計見積もりの精度を下げることで安値を実現させたツケでした」(同)

電機メーカーがシステム開発を安値で受注する場合は、その後の仕様変更やメンテナンスなどを受注することで採算をとろうとするのが一般的だ。だが東芝はあまりに初期設計を安く済ませることで安値を実現したため、メンテナンスどころか、発注官庁に巨額違約金を支払うハメになってしまったというのだ。このときのトラウマが東芝には残っているという。

なるほどなるほど。

ちなみに、広域機関システムの入札では、
東芝の入札価格が四十億円で、対する日立が十六億円とのこと。

うんうん、はいはい。

想定ストーリー

つまり素人考えでは、

「安値で受注した日立が、システム開発にお金をかけられなくって、
カットオーバー遅延したり稼働後も障害中」

みたいなストーリー?

素人考えですよ、あくまでも。
事実とは違いますからきっと。

背筋が寒くなってきたので、本日はこの辺で…。