【新人必修】赤い銀行、青い銀行、緑の銀行

銀行にもいろいろあるけれど

IT業界では、ときどきこのような隠語が飛び交うことがあります。

赤い銀行、青い銀行、緑の銀行。

何でしょうかこれは。
カップうどん?
いえいえ違います。

用例はこんな感じ。

「赤い銀行が、まーた新しい技術を採用したって、ニュースで見たよ」

「青い銀行の次期システム開発プロジェクトは○○万人月で、ピラミッドが建設できるレベル」

「緑の銀行は…、なんかあったっけ?」

何でしょうね~、分かる人は即答ですよね~。

考えてみてください。

…。

はい。そこまで。

解答はこちらです。

No. 隠語 銀行名
1 赤い銀行 三菱東京UFJ銀行
2 青い銀行 みずほ銀行
3 緑の銀行 三井住友銀行

というわけで、日本の三大メガバンクでした。
赤、青、緑の色は、それぞれのコーポレートカラーを指したものです。

なんでこんな隠語が使われているかというと、
銀行名を直接言ってしまうと、ほら、角が立つときもあるじゃないですか。
まあバレバレなんですけどね。

IT業界の新人の皆さんはよーく覚えておいてくださいね。
もし間違ってしまったら、出禁必至ですから…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)