IT業界が変われない本当の理由

IT業界はなかなか変わらないのだ

IT ProさんがIT業界に警鐘を鳴らす記事を書いていましたので、紹介します。

記者の眼 – 過労による精神疾患でワースト1、IT業界が変われない理由:ITpro

 過労によるうつ病などの精神障害(精神疾患)は20人、うち自殺は4人(未遂含む)――。
 これは、IT企業を含む情報通信業の従業員が、業務による過労自殺等として2015年度に東京都内で労災認定された数である(東京都には、情報通信業に属する全国の従業員の50%超が集積している)。
 従業員数当たりの比率では、精神疾患、自殺ともに他産業の2倍以上。特に精神疾患の割合では、建設業などを超えてワースト1である。もちろんこの数字は氷山の一角であり、労災の申告や認定に至らなかったケースも多数あるだろう。

最近は例の電通の事件により、全体的にうっすらとホワイト化してきた感がありますが、
まだまだブラック、ブラック言われるのがIT業界です。
まあね、趣味を仕事にしているような人もいるし、長時間労働でも全然大丈夫だよ~、
みたいな現場も多々あると思います。
でもでも、仕事には責任があるし、追い詰められてきたら、
行き詰って精神的に壊れてしまうことも多々あるということですね。

で、IT Proさんの記事では、その原因の一つとして、客先常駐にクローズアップしています。
客先常駐のIT技術者はこんな感じで苦しんでいると。

  • 常駐先では本来の雇用主による時間管理が難しくなる
  • 仕事で要求されるスキルと自身のスキルとのミスマッチが起こりやすい

客先常駐って、アウェイで孤軍奮闘するわけですから、なかなか辛いわけですね。
で、昔はこれでどうにかなっていたけど、最近は顧客予算も減ってきたし、Web界隈に人が取られちゃったし、
辛さに拍車がかかってきと。

なるほどね。
でも、IT Proさん、お優しい。
ちょっと突っ込みが優しいです。

客先常駐に限定して言えば、IT業界が変われない本当の理由をストレートに言うと、
それが、顧客から望まれているから、かつ、IT企業側も儲かるから、です。
ビジネス的に割と上手く成り立っているから、止められないんですね。
顧客もIT企業も。
IT技術者がすり減ってどうなろうとも、ね。

あー、怖い怖い。怖い話をしてしまいました。くわばらくわばら。
今日はここまでにします。

客先常駐や、IT Proの記事中の特定派遣の話も、掘り下げると面白いので、また記事に書いてみますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)