サン電子まさかのストップ高、iPhoneロック解除どんと来い

danieljbull / Pixabay

danieljbull / Pixabay

iPhoneでニュースを眺めていたら、面白ニュースが飛び込んできましたよ。

サン電子株がストップ高 子会社がFBIに協力して好感 iPhoneロック解除問題で

24日の東京証券取引所で、ジャスダック市場に上場しているサン電子株が急騰し、一時ストップ高となっている。米アップル社のiPhone(アイフォーン)ロック機能解除問題で、子会社のイスラエル企業が米連邦捜査局(FBI)の捜査に協力していると報じられたことが投資家に好感されたもようだ。

サン電子って、あのTVゲーム作ってたサン電子ですか?
東海道五十三次※の。

それにしても、子会社のイスラエル企業っていったい…。
サン電子って、確か中部地方の…。
ビック東海?
違うか。

iPhoneロック解除に日系企業が協力 「費用はわずか1500ドル」説も

米カリフォルニア州で発生した銃乱射事件容疑者のiPhoneの「ロック解除」に関し、米司法省はイスラエル企業セレブライト(Cellebrite)に協力を要請したとのニュースが浮上した。セレブライト社は日本のサン電子が2007年に買収した企業。
(中略)
その結果、セレブライト社はわずか2日で解除に成功。エピファーニは「解除にかかった費用は1500ドル程度だった」と述べている。フォーブスはセレブライト社から発行された事前の見積もり書を入手。そこには彼の発言を裏付ける1500ドルの金額が記載されていた。

えっ、iPhoneのロック解除って、Appleがめっちゃ拒否してたヤツですよね。
で、IT業界内で、解除すべきとかすべきじゃないとか、めっちゃ議論になってたヤツですよね。

それがわずか2日でロック解除。
セレブライト社が。
サン電子の子会社の。
1500ドルで。
日本円にして約17万円で。

そりゃストップ高になるわサン電子。

つい先日、ティム・クックも「ユーザーデータの保護に責任を負ってますから!」
と高らかに謳ってたのに、それを2日でどうにかしちゃうセレブライト社。
あかんでしょ。
いや、いいのか?
どうなのか?

よく分からなくなってきましたが、Appleはロックのさらなる強化を、
セレブライト社(サン電子の子会社)はさらなるロック解除の技の強化を、
相互に切磋琢磨して、また経済が回るという話でした。

※東海道五十三次
正式名称は「かんしゃく玉投げカン太郎の東海道五十三次」。
横スクロールアクションゲーム。
サン電子のゲームの中で、筆者が唯一クリアできたもの。
ちなみに「アトランチスの謎」は早々に挫折。
「いっき」「マドゥーラの翼」はほぼ未プレイ。

TwitterFacebookGoogle+TumblrHatena

Be the first to comment on "サン電子まさかのストップ高、iPhoneロック解除どんと来い"

Leave a comment

Your email address will not be published.


*


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)