一気呵成のプラズマクラスター!

Pezibear / Pixabay

ホンハイとの縁談がまとまったシャープさん、ここに来て本気を出してきました!

まずは3月9日のニュース。
シャープ、風に当たったときのダルさを解消するプラズマクラスター扇風機

シャープは、心地よい風を送る「プラズマクラスター扇風機」4機種を4月15日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は、23,000円~32,000円前後(税抜)。
DCモーター採用の扇風機。風が体に当たった際に心地よさを感じられる羽根形状の「ネイチャーウイング」を採用した点が特徴。なめらかでムラの少ない送風ができるという。
いずれも、独自のイオン機能「高濃度プラズマクラスター7000」を搭載。梅雨時は浮遊カビ菌や部屋干し臭の抑制、夏は汗や付着臭を分解・除去するという。

続いて3月10日のニュース。
シャープ、部屋干しのニオイを抑えるプラズマクラスター除湿機

シャープは3月9日、プラズマクラスター除湿機を2機種発表した。価格はどちらもオープン。市場想定価格と発売日は、大容量タイプの「CV-F120-W」5万8000円前後で3月15日発売、コンパクトタイプの「CV-F71-W」が3万9000円前後で4月15日発売予定。カラーはどちらもホワイト系のみとなる。
除湿方式には低消費電力のコンプレッサー方式を採用。高濃度の「プラズマクラスター7000」を搭載し、室内に付着したカビ菌の増殖を抑制する。部屋全体の除湿だけでなく、集中的にプラズマクラスターを当てる「スポット消臭」機能も備え、部屋干し衣類の生乾き臭やたばこの付着臭なども抑制できるという。

見てくださいよ、「高濃度プラズマクラスター7000」ですよ!
濃いんですよ!
7000が何の値か分からんけども。

プラズマクラスターの効果 | 加湿空気清浄機/空気清浄機:シャープ

当技術マークの数字は、商品を壁際に置いて、風量「中」運転時に高濃度プラズマクラスター適用床面積の部屋の中央付近(床上から高さ1.2m)の地点で測定した空気中に吹き出される1cm³当たりのイオン個数の目安です。

7000で驚いていてはいけない。
更に上位の25000もあるぞ!

…。

てかね、ニュースメディアも「○○という。」みたいな語尾で、なんか歯切れ悪いですよ。
無理くりですよ。
いちいち値段高いし。

なんなんでしょう、これは。
潰れそうだったけどホンハイに助けてもらったから、
プラズマクラスター事業もガンガン行くぞ!ということでしょうか。
それとも、プラズマクラスター事業撤退の前に売れるもの売っとけ、ということでしょうか。
なんかこの、喜んでいいのか悲しんでいいのか…。

「ごめんなさい。こういうときどんな顔すればいいかわからないの。」(by 綾波レイ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)