年収についてたまには真面目に考えてみる

vanmarciano / Pixabay

年収。それはつまり1年間の総収入のこと。

自分の今の年収、新人の頃の年収、これからの年収。
どうなっていくのか、というよりもどうしていくのか。
多忙なITエンジニアはなかなか考える暇がなく、
また、お金にあまり執着のない方も多いのではないでしょうか。

なので、たまには年収について考えてみましょう。仕事の谷間にでも。

年収といえばもちろんアップの方向で?

年収をアップさせる方法は、大きく分けて2つあります。
1つは今の会社で昇進する。もう1つは待遇の良い会社に転職する。
実はどちらも、簡単な話ではありません。
成果はそうそう簡単に上げられるものではないですし、ライバルもいる。
人間関係の運不運、世の中の経済状況、予想外のアクシデントなど…。

なので、自分の強み弱み、周りの状況、これからの世の中、
などをじっくりと熟考した上で、一歩一歩継続的に積み上げていく、
自分の納得のいくタイミングで判断する、
そういう姿勢が必要なわけですね。

副業をやってみるのもいいかもね

本業の年収をアップさせるのは難しいかも…と感じたら、
副業を考えてみるのもいいかもしれません。
採り得る手段は、1つよりも2つ、3つとあった方が自由度が高いですし、
本業の行き詰まりの息抜きにもなるかもしれません。

ただ、副業禁止規定のある会社も多いです。
副業の収入がそれなりになってきたら、確定申告にも注意が必要です。
副業するなら、本業に影響のないように注意しましょう。
もしくは、副業を本業にしちゃいましょう。思い切って。

逆に考えるんだ、「節約もいいさ」と考えるんだ

利益=売上−コスト
という当たり前の計算式からすると、年収アップだけではなく、
コストダウンを考えてもいいわけです。
年収が高額でも浪費癖があったりすると、何かの拍子に急に立ち行かなくなる、
なんてことがあるわけですね。
自分にとっての豊かさって何?という問いかけを原点に、
不要なコストを削っていく、これも大切な話です。

まとめ

いかがでしたか?
ちょっと地味〜な話になってしまいましたが、地に足をつけることも大切なこと。
じっくりしっかり、行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)